1. まとめトップ

【10選】プログラマー・エンジニアが知っておくべきWebサービス

最近は多くのWEBサービスがあり、スキルアップの環境には恵まれていると思います。そんな中から自分にあったWEBサービスを見つけていただきたく、おまとめいたしました。未経験の方、初心者の方からもう一度勉強したい方、さらなるスキルアップを目指す方は必見です。

更新日: 2016年04月13日

8 お気に入り 2870 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

1.code academy(コードアカデミー)

アメリカ発の世界的に有名なプログラミング学習サイトです。最初は英語のみでしたが、TOPページのみCodecademyは日本語対応を開始しています。開発環境を準備する必要がなく、ゲーム感覚で始められます。学習できる言語はJavaScript、HTML+CSSをはじめとしてPythonとRubyにも対応しています。

2.Progate(プロゲート)

code academyの日本版ともいえる「初心者から、創れる人を生み出す」 ことを理念とした無料のプログラミング学習サイトです。2014年7月に設立された同名の会社が運営しています。
HTML/CSS、JavaScript、jQuery、Ruby、Ruby on Rails、PHPなどWEBサービスを作るための言語を学べます。

3.paiza.io(パイザ・アイオー)

オンラインですぐにプログラミングがブラウザさえあれば始められる、オンラインプログラミング実行環境サービスです。Java,Ruby,Python,PHP,Perlなど 主要24言語に対応に対応しています。環境を作るのが面倒、すぐに試してみたいというときに便利で新人教育や勉強会等で使えます。

4.Code4Startup

動画でプログラミングの知識が学べるサービスで、架空のスタートアップ創業体験を通じてプログラミングを学習することができます。最大の特徴は実在する複数のサービスを組み合わせて実際のWebサービスの開発まで体験出来ることです。

5.TopCoder(トップコーダー)

TopCoderはTopCoder社が主催する競技プログラミングコンテストの総称です。また協力してソフトウェア開発を行う「クラウドソーシング」プラットフォームです。
コンテストに出場するとランクに応じてレーディングされ自分の実力が把握できます。

6.AIZU ONLINE JUDGE

会津大学が提供するオンラインジャッジシステム。略称で「AOJ」とも呼ばれてます。
日本語と英語での対応しておりゲーム感覚で進められるため楽しく学べます。
対応言語はC、C++、JAVA、C++11、C#、D、Ruby、Python、Python3、PHP、JavaScript

7.Stack Overflow(スタックオーバーフロー)

技術系、特にプログラミング技術に関するQ&Aサイトとして世界的に有名なナレッジコミュニティです。プログラマーなら誰でも参加でき、気になる事項をサイト内で質問すると、メンバーから回答がもらえます。
2014年12月に日本語版が開設されてます。

1 2