1. まとめトップ
  2. カラダ

心が乱れたら。どこでもできるリラックス方法が良さそう

何となく落ち着かい、イライラする時に使える!気持ちを落ち着かせて穏やかにする方法を紹介します。

更新日: 2016年04月05日

564 お気に入り 74639 view
お気に入り追加

不安やイライラで落ち着かない時ってどうしていますか?

心が落ち着かい状況の時に使えるリラックス方法のお話です。

できればいつも笑顔でいたい。けれど、どうしても悩まされるのが、ときどき訪れるイライラやウツウツ。

心が乱れると日常生活に大きな支障を与えます。落ち着く方法としてどのようなものがあるのでしょう。

「大勢の人の前で話す直前で、心臓が飛び出そう!」「仕事中、焦りからくる凡ミスが多くて・・・」

「明日に備えないといけないのに、ストレスで眠れない...」「面接開始10分前なのに、緊張で手足がガクガク...」

そもそも心が落ち着かい理由や原因は…

起こりもしない先のことを想像してしまっているということです。

「もし、うまくいかなかったらどうしよう・・・」
「このままいっても大丈夫なんだろうか・・・」
「周りから変な目で見られないだろうか・・・」

イライラしたりそわそわしたりという心の落ち着かなさの原因はそのほとんどがあなたの心の持ち方の問題です。

「嫌なことや心配事があり精神的に不安定な状態が続くと自律神経などの働きが変わる」

「呼吸が速くなる、心臓がドキドキするなどの反応が出る」

では、そんな時に使える!簡単に落ち着く方法を紹介します。

楽な姿勢をとり、まずは思いっきり深呼吸。そして自らの心音(心臓の音)を聞いてみましょう。

「だんだんと今聞いている心臓の鼓動がゆっくりになっていき、止まってしまう」をイメージ

ソワソワしてしまうという時には、とりあえず自分の好きな飲み物をコップに入れて、椅子やソファに座るようにしてみてください。

お茶の時間を取り入れるとおすすめです。コーヒーや紅茶を飲みながら甘いものをつまむと、気分が落ち着くでしょう。

味や香りを楽しむこともでき、癒しを与えてくれます。

手指の爪の付け根部分を指の両サイドからグリグリつまむように刺激します。強さは多少「痛い」と感じる程度で。

これを1ヶ所につき15秒づつ。ただし薬指はしないこと。

鏡を見て、自分の表情をチェックする。これが、一番簡単なメタ認知です。

メタ認知とは、『自分を客観視する』『第三者の目で、自分を見る』ということ。

不安やイライラを感じている自分を客観的に見つめるのです。そうすることで心が落ち着くことに繋がります。

吐く筋肉の場合は、肩甲骨を広げるイメージでゆっくり息を吸い、次に肩甲骨を中央に寄せるようにして息を吐いていく。

吸う筋肉の場合、息を吸いきるまでボールを抱えるように背中を丸めるのがコツ。

たったの5分で大丈夫!プチ瞑想3ステップ

①楽な姿勢(社内なら椅子に座った状態)で、軽く目を閉じて、背筋を伸ばす
②リラックスした状態で、じっと姿勢を保つ
③心臓の鼓動や、呼吸など、単調なリズムに集中するようにする

出典eonet.jp

足を肩幅に開き、つま先のほうに重心を置くイメージで、お尻をぐっと後ろに突き出して背筋を伸ばします。

肩の力を抜いて、半目にし、下腹に意識をおいて腹式呼吸をします。

肩や腕に力が入りすぎないよう気をつけましょう。帰りの電車の中で心を落ち着かせると、帰宅後もリラックスできます。

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。

このまとめに参加する