1. まとめトップ

植木理恵が教える恋愛心理学【ホンマでっか!?】

ホンマでっか!?TVでお馴染みの心理学者『植木理恵』が薦める恋愛心理学のテクニックを紹介。

更新日: 2018年06月20日

23 お気に入り 50861 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

4gamer.netさん

■植木理恵とは

植木 理恵は、日本の心理学者。大分県大分市出身。慶應義塾大学理工学部非常勤講師。大分県立大分上野丘高等学校、お茶の水女子大学生活科学部卒業。東京大学大学院教育学研究科修了。

ホンマでっか!?TVでもお馴染みの植木先生

脳科学の澤口先生と心理学vs脳科学で論争を繰り広げることもあり、お茶の間を賑わせている。

■心理学者、植木理恵が推奨する恋愛の心理学

でも植木先生、離婚して恋愛失敗してるじゃん!というツッコミはこの際なしです。
理論と実践は別。ということで早速紹介していきます。

恋愛にも応用ができる間歇強化とは?

「間歇強化(かんけつきょうか)」(間欠強化とも)とは、心理学用語で、確実にもらえるとき以上に成功報酬がもらえる頻度が少ないほど、もらえたときの快感が大きくなり、その余韻を味わうために、何度も継続してしまうという心理原則です。

簡単に言うと、毎回報酬がもらえるときよりも、時々報酬がもらえることの方が人間はのめり込みやすいということです。

恋愛では「アメと無視」

この「間歇強化」を恋愛にも応用することが出来ます。心理学者の植木理恵さんは「アメとムチ」ならぬ「アメと無視」と表現しています。

それはなぜかというと、叱責や怒りなどの「ムチ」は相手のモチベーションを落とし、無気力状態にさせてしまうという実験結果があるためです。

家庭で自己主張をせず静かにしているというお父さんはいませんか?それは、お母さんのムチが強すぎて、主張する気力を失っているからなのかもしれません。

ではアメと無視とはどのようにするのでしょうか。それは、相手の行動に対して好意的な表現を減らすということです。相手がしてくれることに対して毎回同じように喜んでいただけでは、相手は自分に熱中してくれません。

しかし、なかなか喜んでくれない人が時々喜んだ表現や表情を見せてくれると、もっと引き出したいという感情が起こるのです。その結果、これまで以上に何度も自分にアプローチを掛けてくれるようになります。

「無視」とは、相手の失敗や間違いを見過ごしたり、相手の好意を大げさに喜ばないようにするということです。

「話しかけられて反応しない」という意味の無視ではありません。それは、「ムチ」となってしまうことがあります。

■アメと無視の具体的な方法

1.日頃あまり話さない相手なら笑顔で挨拶

普段あまり話さない相手という場合には、まずは挨拶からです。毎日のように挨拶するのではなく、時々でいいので笑顔で挨拶することです。

ポイントは、挨拶が相手にとって「アメ」となるということです。笑顔もなく小さな声で挨拶するだけでは意味がありません。相手が「なんか嬉しいな」と思えるような挨拶をしてみましょう。

2.連絡を取り合う仲なら自分から連絡を

普段から連絡を取り合うような間柄であれば、次はたまに自分から連絡を取ってみましょう。相手は連絡くれるけど、好きとまではなっていないみたいという相手に有効です。

こまめに連絡をくれる相手というのは、少なからず好意はあります。その好意を、こちらから連絡することでより強くしましょう。

さらに踏み込んで、ときどき電話をかけてみるというのも効果的!

3.何気ない会話ばかりなら褒めてみよう

褒められて悪い思いをする人はいません。普段、何気ない会話ばかりしているような間柄であれば、会話のなかに褒め言葉を織り込んでみましょう。

「かっこいいね」や「かわいいね」などのありきたりな言葉でも問題ありません。それを聞いて相手が気分が良くなったかが重要です。

4.遊びに行く仲なら相手が喜ぶオシャレを

大学生など、二人きりでなくてもよく遊びに行く間柄という人には、ファッションも1つのポイントとなります。普段もある程度オシャレをしているかとは思いますが、ときどき相手が喜ぶようなオシャレをしていってあげましょう。

コンタクトにしてみたり、逆に眼鏡をしてみたり、スカートを履いてみたり、胸元の開いた服を着てみたりと、相手が喜ぶことに合わせて特別感を出すのがポイントです。

さて、ここからは男性向け恋愛心理です。

■不倫に最適な女性の特徴

不倫も恋愛の一つ。
もしもあなたが不倫をしたいと思うならこんな女性が狙い目です。

臨床心理学者の植木理恵氏によれば、「よく喋る」「過度に露出度の高い服を着る」「スキンシップが多い」女性は自分に対して興味がある一方で、真剣に恋をする気はないという場合が多いのだとか。つまり後腐れのある相手だと面倒なことになる「不倫相手」「浮気相手」にはぴったりなのです。

■女性からの質問攻めは脈あり

植木理恵氏によると、女性は本気で恋愛しようとすると、はじめに相手の情報収集から始めます。逆に言えば相手に興味がなければほとんど質問はしないというわけ。

不倫に最適な女性の特徴でも書いたように付き合う前なのに「おしゃべりな女」は、自分に対して本気ではない可能性大です。

■関連記事

1 2