1. まとめトップ

【パナマ文書流出】セコム、電通、バンダイ、楽天、ユニクロ?タックスヘイブン、租税回避地 日本企業も!

電通、JAL、オリックス、バンダイ、ドワンゴ、大日本印刷、ダイソー、セコム、 楽天、山一、東京海上、丸紅、日本製紙、ソニー、ユニクロ

更新日: 2016年04月10日

11 お気に入り 37001 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

-聖少女-さん

パナマ文書問題で浮上した人物や企業

アイスランド シグムンドゥル・グンラウグソン(アイスランド首相) 
アルゼンチン マウリシオ・マクリ(Mauricio Macri)大統領
イギリス デービッド・キャメロン英首相の父親であるイアン・キャメロン
ウクライナ ペトロ・ポロシェンコ大統領
カタール ハマド・ビン・ジャーシム・ビン・ジャブル・アール=サーニー前首相
シリア バジャル・アサド大統領のいとこのラミとハーフェズ・マフルーフ
パキスタン シャリフ首相
ロシア ウラジーミル・プーチン(ロシア大統領) 

ハマド・ビン・ハリーファ・アール=サーニー前首長
FIFAの新会長に就任したジャンニ・インファンティーノ  
 
ジャッキー・チェン(香港の映画俳優)
リオネル・メッシ(スペインのサッカー選手)

日本の警備大手セコムの創業者らの租税回避地での法人設立

パナマ文書に載ってたとネット上で噂される主な日本企業と著名人

電通
バンダイナムコ
バンダイ
シャープ
サンライズ
大日本印刷
大和証券
ドリームインキュベータ
ドワンゴ
ファストリ  
ファーストリテイリング(ユニクロ)
ジャフコ
ソニー
やずや
みずほFG
三井住友FG
JAL
石油資源開発
丸紅
三菱商事
商船三井
日本製紙
双日
オリックス
三共
パイオニア
ホンダ
東レ
日本郵船


大宗建設
ドリテック
ジー・モード
化粧品のトキワ
千代田リース
アーツ証券
山一ファイナンス

飯田亮(セコム取締役)
戸田寿一(セコム元取締役)
 
内藤一彦(東宣取締役会長)
内藤俊彦(東宣取締役社長)
     

KAORI INTERNATIONAL
KAWAGUCHI TECHNOLOGY
楽天ストラテジー
ソフトバンクグループ
SBI
セコム
有名ゲーム会社役員
元自民党議員
有名大学教授
アグネス・チャン

パナマ文書に載ってた主な日本企業 バンダイ 大日本印刷 大和証券 ドリームインキュベータ ドワンゴ ファストリ ジャフコ JAL 石油資源開発 丸紅 三菱商事 商船三井 日本紙 双日 オリックス 日本郵船

「海外に金を飛ばすのは簡単だ。マルチ商法、おれおれ詐欺、アダルト動画業者。怪しいやつらはみんなタックスヘイブンを使っている」

出資金詐欺で約3億4000万円を集めたとされる兵庫県芦屋市の男性(41)は、回避地の1つ西インド洋の島国セーシェルに法人を所有

「日本ではグレーゾーンのビジネスでも、タックスヘイブンを使って金を動かせば当局の目をごまかせる」

「自分で稼いだお金を、運用の1つとしてタックスヘイブンに置くのは合法。不正に取得したお金をタックスヘイブンに移してきれいなお金にするマネーロンダリングは犯罪」

法律問題を解説する犬塚浩弁護士

一説には、これはアメリカが仕組んだ暴露であるという解説も

日本の警備大手セコムの創業者らの租税回避地での法人設立も分かった。

警備大手セコムの創業者や親族につながる複数の法人が一九九〇年代に租税回避地につくられ、当時の取引価格で計七百億円を超す大量のセコム株が管理されていたことが分かった。

創業者は取締役最高顧問の飯田亮氏(83)と元取締役最高顧問の故戸田寿一(じゅいち)氏。複数の専門家は「この仕組みで親族への相続税や贈与税がかなり圧縮できるはずだ」と指摘した

セコムコーポレート広報部は取材に「税務当局に詳細な情報開示を行って、適正な税金を納めている。課税を免れるためのものではない」と書面で回答

サッカーのスペイン1部、バルセロナのリオネル・メッシ選手の名前も挙がっている

タックスヘイブンの利用者として、習近平・国家主席の親族の名前が挙がったことから、報道規制がかけられているようだ

パナマ文書では、非民主的で不透明な国の要人が目につくのは驚きではない。今回の暴露は、そうした国のわずかな裕福な権力者がいかに資産を分散しているかについて新たな知見を提供する。

リークさせた「匿名係」はアメリカの息がかかっている人物である可能性は否定できないでしょう。

「パナマ文書」から今後何が飛び出すか全くわかりません。何も出てこないかもしれません。ただ、46カ国の政府関係者の名前が挙がっているとされながら、なぜかその中にアメリカの名前が見当たらないのです。とすればここからは勝手な想像がわき上がってくるのですが、これはエドワード スノーデン事件に対するアメリカの報復なのではないか、という気がしてならないのです。

1 2 3 4 5 6