日本の警備大手セコムの創業者らの租税回避地での法人設立も分かった。

出典東京新聞:タックスヘイブンで巨額取引横行 プーチン氏周辺2200億円:社会(TOKYO Web)

警備大手セコムの創業者や親族につながる複数の法人が一九九〇年代に租税回避地につくられ、当時の取引価格で計七百億円を超す大量のセコム株が管理されていたことが分かった。

創業者は取締役最高顧問の飯田亮氏(83)と元取締役最高顧問の故戸田寿一(じゅいち)氏。複数の専門家は「この仕組みで親族への相続税や贈与税がかなり圧縮できるはずだ」と指摘した

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【パナマ文書流出】セコム、電通、バンダイ、楽天、ユニクロ?タックスヘイブン、租税回避地 日本企業も!

電通、JAL、オリックス、バンダイ、ドワンゴ、大日本印刷、ダイソー、セコム、 楽天、山一、東京海上、丸紅、日本製紙、ソニー、ユニクロ

このまとめを見る