1. まとめトップ
6 お気に入り 161701 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

canty0628さん

夏と言えばフェスなどに登場するDJが盛り上げてくれます

GW最終日!トーテム&肉フェス行ってきた! トーテムのパフォーマンス凄いの一言! パフォーマーの女性可愛かった♥ 肉フェスは肉が美味かった! さらにDJが来て、一気に盛り上がったわ! 1度クラブ行ってみたいな~ pic.twitter.com/iMrQOuMT9P

本職のDJってどんな事をしているの?

実は凄く高度なコトをやっているらしいんですが、一般の目には「何やってるの??」と映ってしまいがち。

ダンスミュージック的なの結構好きだけどDJって何してるのかわからない

DJとはそもそも・・・

DJ(ディージェイ)とはラジオ番組の司会者、あるいはディスコやクラブ、パーティー、ライブ、野外レイブなどでPCなどの録音された音源を使い音楽を掛ける人。

人気のある曲をかけたり、みんなが知らないかっこいい曲を自分のかけ方でかけてクラブにいる人をアッと驚かす。

まずDJが使用している機器を知ろう!

片方のターンテーブルで皆が踊っているダンスフロアに音を出して、その間DJはもう片方のターンテーブルに次にかける音楽を選んでいるわけです。

一台しかないと毎回曲が終わる毎に音が止まってしまいスムーズな展開が出来なくなってしまいます。2台以上使う事で切れ間の無いDJミックスが可能に。

最初にかけていた曲と同じテンポに後の曲をすることで、曲の途中でもボリュームを落とすことなく、勢いを下げることなく次の曲に移行させる。

当然2曲のテンポは違います。DJ用のレコードプレーヤーは再生速度を調整できるようになっているのでそれで速度を調整してテンポを同じにするのです。

ターンテーブル2台の間に置き、左右のターンテーブルの音を切り替えたり、音量や高音・中音・低音などの音域の強弱を調節したりします。

曲と曲を左から右に切り替える。そうすると、曲と曲が混ざって新しい曲がすこしの時間生まれますね。それがミックス。

DJの真似でよく行われる「スクラッチ」

一番印象的なパフォーマンスで、また、これがDJに興味を持ったきっかけとして、DJの道に入る人は少なくない。

レコードを前後にこすることで同じ部分を反復再生し、それによって発する音からリズムを刻む技法のことであり、レコードを楽器のように扱う。

ヒップホップやR&BではDJがクラブで効果的にスクラッチを入れている印象がありますね。実はあれ、一見簡単そうに見えますけど実はとても難しい技術。

1 2