1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

五輪を目指す選手が「闇カジノ」…バドミントン新旧エースの違法賭博が判明

桃田賢斗選手(21)と、2012年ロンドン五輪代表の田児賢一選手(26が違法性が疑われる国内のカジノ店に出入りしていたことが7日、関係者の話で分かった。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年04月07日

15 お気に入り 83492 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

isaaccさん

○バドミントンの新旧エースが闇カジノで賭博

桃田賢斗選手(21)と、2012年ロンドン五輪代表の田児賢一選手(26)=ともにNTT東日本=が違法性が疑われる国内のカジノ店に出入りしていたことが7日、関係者の話で分かった。

オリンピックで、バドミントン男子の日本代表入りが確実視されている選手ら2人が、違法カジノ店に出入りしていたことがわかった。

闇カジノ店は暴力団の資金源になっているとされており、今後、リオ五輪の代表選考に影響を及ぼす可能性がある。

○スポーツ界には大きな打撃

プロ野球の巨人で4選手が野球賭博に関与していたことが発覚したのに続き、五輪を目指すトップ選手の新たな不祥事で、スポーツ界には大きな打撃となりそうだ。

国の強化費が投じられるトップ選手が賭博に手を染めていたとすれば、暴力団排除に向けた社会的機運の高まりに明白に背く行為だ。

2人は現在、マレーシアで行われている国際大会に出場中だが、NTT東日本は、2人を急きょ帰国させて、社内調査を行う方針。

○NTT東日本は2人が闇カジノ店に行ったことを認めた

NTT東日本広報部は「両選手に確認した結果、ともに『闇カジノ店に行ったことがある』と認めた」と回答した。

「本人たちは、カジノ店と認識して出入りしていたが、賭博をやっていたかどうかは、今後の調査になる」としている。

店の元経営幹部や常連客は2人の賭け方や会話を生々しく証言、2人の後輩が出入りしていたとも語り、問題は拡大する可能性がある。

○メダル獲得が期待されていた矢先の出来事

桃田は2015年の世界選手権で男子シングルスの日本勢では初の銅メダルを獲得し、上位選手が争うスーパーシリーズ・ファイナルも制覇。

世界ランキング4位で、リオデジャネイロ五輪でのメダル獲得が期待されていた。

桃田選手は現在マレーシアで行われている大会に出場し、6日の1回戦を突破したが、続く2回戦は棄権した。

○旧エースの田児選手

08年から全日本総合選手権を6連覇した田児選手は、ロンドン五輪では1次リーグで敗退した。

オリンピック本大会でのメダル獲得を目標に掲げ、各国の強豪選手が多く出場するBWFスーパーシリーズの大会を中心に出場している。

○桃田選手はオリンピックに出場できない見通し

日本バドミントン協会の銭谷欽治専務理事は、日本オリンピック委員会(JOC)にリオ五輪代表として「推薦できない」と、五輪出場は厳しいという見解を示した。

桃田選手はリオデジャネイロオリンピックに事実上、出場できない見通しになりました。

日本協会は代表選手約50人やスタッフに聞き取り調査を行う方針で、10日に緊急理事会を開いて処分を審議する。

○このニュースについてネットでも話題になっている

たごさん桃田さん違法カジノだって…五輪ピック無理かもらしい…やっべぞ

1 2