1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

社内での嫌われっぷりが尋常じゃなかったCEO

カリスマ経営者と呼ばれる人たちは、社内の人間から見るととても面倒な人たちだった?

更新日: 2016年07月26日

AMIAYAさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
152 お気に入り 273852 view
お気に入り追加

世界最悪の経営者に選ばれたAmazonの社長

国際労働組合総連合(ITUC)のアンケートによると、「世界最悪の経営者」にアマゾンドットコムの創業者で最高経営責任者のジェフ・ベゾス氏が選ばれました

2014年のITUCのアンケートで決まった。

ITUCのバロー書記長は「アマゾンは従業員をロボットのように扱っている。ベゾス氏は雇用者の残虐性の象徴だ」と批判しました

残虐性って…そんなにヒドイのだろうか…

休みも週末も関係なく、思いつけば会議を招集してくる。その結果、家族を大事に思う幹部たちが社を去っていったという

「君は怠けているのか無能なのか。君はなぜ私の人生を浪費するのか。すまない、私か今日バカ予防薬を飲んだのだが…」。

ベゾスが社員に放った言葉らしい。

開発チームはベゾスの気まぐれに辟易したせいか、自己規制をかけるようになってしまったようだ

これを「ジェフ・フィルター」というとか…

ベゾス氏は好戦的で、読んだ本の冊数を同じプログラムの学友と競っていた

6年生を受け持つ先生たちに対するアンケート調査をクラスメートたちに行って、それを集計し、先生を能力順にランク付けするというようなこともやっていた

21世紀最高の経営者で、最低の嫌われ者

21世紀最高の経営者と呼ばれる一方で、「経営を混乱させる」との理由からアップル社を追放されたこともあるスティーブ・ジョブズ

「周囲を不快にさせる必要はなかった。その性格は、本人にとって役に立つというより障害になっていた」

アイザックソンのコメント。

世界中に素晴らしい商品を広げた天才。くそ野郎でもまぁいいか、と人から許されてしまうものが彼にはあったのです

ジョブズのような“クズ”が類まれな才能を持ち合わせたとき、初めて世界は変わるのかもしれない

壮絶な夢を追う天才

宇宙開発のスペースX、太陽光発電のソーラーシティ。こうしたベンチャー企業の創業者で、非常に変わり者として知られるテクノロジー業界の大物

「彼はとても紳士で誠実なときもあれば、人に無駄に厳しくあたるときもある」

イーロン・マスクの本を書いた、アシュリー・ヴァンスのコメント。

1 2





AMIAYAさん

どや~~~~( ・´ー・`)