1. まとめトップ
  2. レシピ

お酒好きは!肝臓機能の強化"あさり"レシピ20選

通年で食べる事が出来る"あさり"ですが、3月~5月が春の旬です!鉄分やビタミンB12、タウリンが豊富に含まれているので”貧血予防”や”肝臓機能の強化”に効果的です!お花見や宴会でお酒を飲む機会が増えるこの時期は"あさり"を食べるようにしましょう!!

更新日: 2016年04月08日

347 お気に入り 68024 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

肝臓機能の強化!あさりの"ビタミンB12"含有量は貝類NO.1!

プリプリとして旨みがたっぷり、良質なタンパク質をはじめ、ミネラルも豊富に含んだヘルシーな食材“アサリ”は3月~5月が一番美味しいです!

あさりは通年、市場に出回りますが美味しい時期は3~5月ごろ。

鉄分、ビタミンB12はいずれも貧血を予防する効能があり、ビタミンB12には肝臓の機能を強化したりする効能もあります。

特に、不足すると貧血の原因になるビタミンB12の含有量は貝類一です!また、血液をサラサラにするタウリンも多く含んでいます。

タウリンには、肝臓の機能を正常にする効果やコレステロール、血圧を下げる効能もあります。

◆あさりのトマトバターピラフ

<材料>
あさり(殻つき・砂抜きしたもの) 300g
米 2合(360ml)
マッシュルーム 6個
にんにく 1かけ
玉ねぎ 1/4個
ホールトマト缶詰(400g入り) 1缶
白ワイン 1/4カップ
イタリアンパセリ 適宜
オリーブオイル 塩 粗びき黒こしょう バター

あさりの蒸し汁で炊き上げるうまみたっぷりのピラフ。トマトの赤とイタリアンパセリの緑で、食卓が華やかに!

◆あさりのバターしょうゆスパゲティ

<材料>
スパゲティ(1.4~1.6mm)200g
あさり(殼つき・砂出ししたもの)250~300g
万能ねぎ 2~3本
にんにく 1かけ
赤唐辛子 1本

バター

しょうゆ

◆あさりとベーコンのトマトスパゲッティ

<材料>
スパゲッティ…160g
ベーコン…2枚
あさり(砂抜き)…300g
にんにくのみじん切り…1片分
ホールトマト缶…1缶(400g)
パセリのみじん切り…適宜
・酒、塩、オリーブ油、こしょう

◆あさりのマリネ

<材料>
あさり(砂抜き)…500g
にんにく…1片
ミニトマト…10個
赤とうがらしの小口切り…1本分
レモン汁…1/2個分
パセリのみじん切り…大さじ3
白ワイン…1/2カップ
・オリーブ油、こしょう

◆クラムチャウダー

<材料>
あさり30個
白ワイン50ml
玉ねぎ120g
にんじん80g
じゃがいも100g
トマト1/2個
バター10g
小麦粉30g
水3カップ
コンソメの素1個
ローリエ1枚
牛乳300ml
生クリーム50ml
塩少々、こしょう少々
チャービル(セルフィーユ)適量

あさりには貧血と関係の深い鉄分やビタミンB12を豊富に含みます。牛乳からは吸収されやすいカルシウムが多くとれます。貧血気味の方や低血圧の方、妊産婦にはお勧めの組み合わせです。

◆あさりとじゃがいもの炒めもの

<材料>
あさり(砂抜き)…250~300g
じゃがいも…大1個
玉ねぎ…1/3個
にんにくのみじん切り…1片分
パセリのみじん切り…適宜
・サラダ油、バター、塩、こしょう

1 2 3