1. まとめトップ

CREWでもMOBでもTOWNでも無い![ PitchOddMansion ]

前回日本のヒップホップクルーについて纏めた際にPitchOddMansionについての反響が多かった為筆者が分かる範囲でまとめてみました。

更新日: 2016年04月28日

nochilltokyoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 9802 view
お気に入り追加

そもそもPitchOddMansionとは?

PitchOddMansionとは名古屋に拠点を置きラッパーを中心に構成された新進気鋭のhiphop集団である。
と、ここまではTwitter等で確認が出来る。
しかしメンバーは神奈川、長野、果ては沖縄にも点在しラッパー以外にも様々な人物が存在する。

まずはググってみた

とにかく私はこのPitchOddMansionについて知りたくてたまらなくて調べてみることにした。
まずは検索してみることにした。
検索に引っかかるのは公式サイトやMV、音源が多かった。
しかしPitchOddMansionのHPが二つあるではないか!!

前身は國枝UrbanCamp

全く関係のないサイトでもなさそうなので観てみることにした。
どうやらこのサイトはSKY-HI(AAA日高光啓)主催のレーベルBULL MOOSE所属アーティストNIHA-Cがかつて所属していたクルー國枝UrbanCampの物のようだ。
確かに現在PitchOddMansionに所属するShintaro Kunieda,RAITAMEN,Earl Ø.(DJ OKWR)等は以前このクルーに所属していた。
つまり國枝UrbanCampはPitchOddMansionの前身にあたると推察できる。
と、ここまでの内容を見ても「SKY-HIやNIHA-Cは分かるが
國枝UrbanCampやその他の人物はイマイチ分からない」
という日本語ラップリスナーも少なくはないと思う。

PitchOddMansionのメンバーと活動

私が調べ上げた範囲内ではラッパー6人、DJ1人、ビートメイカー2人、映像担当1人、ダンサー2人、アパレル担当1人。
1人ずつ紹介したいと思う。

「ラブホなう」でも有名なKUTS DA COYOTEのMV
ShintaroKuniedaによる作品

2nd albumよりNIHA-Cを客演に迎えた一曲。
こちらもShintaroKuniedaによる撮影

UNIVERSAL TOSHIKI「NAVY BACK」収録の一曲。
こちらの1verse目がRAITAMEN
彼のパンチラインだらけのverseには度肝を抜かれる。

コチラは以前所属していたUNITED BATTS「NINE PLANTS」収録の一曲。
2verse目がRAITAMEN。
思わず覚えて口ずさみたくなる様なrapは必聴。

こちらはまだ雷太名義の際に現NF Zesshoを客演に迎えた一曲。
荒削りな部分はあるが既に才覚が見え隠れしている。

1 2 3





nochilltokyoさん

ノーチルトーキョー

このまとめに参加する