1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

アレに似てる…2020東京オリンピック新エンブレム4候補が早速話題に!?

2020東京オリンピック・パラリンピック大会エンブレムの最終候補作品が公開されました。Twitter上では早速この4候補が話題になっています。

更新日: 2016年04月09日

gift_playerさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
58 お気に入り 580911 view
お気に入り追加

新エンブレムの最終候補を発表!

4月8日、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、新たな五輪エンブレムの最終候補4作品を公開した。

昨年話題となった佐野研二郎氏の五輪エンブレム決定、盗用疑惑、そして辞退…。衝撃のエンブレム白紙撤回から、7カ月。今回は大丈夫?

選考過程が不透明だという批判を受けた反省から、今回は商標登録したうえで最終候補を事前公開して一般の意見を募集している。

候補A 「組市松紋(くみいちまつもん)」

世界でもおなじみのチャッカーデザイン。日本では江戸時代に「市松模様」(いちまつもよう)として広く認知されていた。色は日本の伝統色藍色で粋な日本らしさを描いている。

3種類の四角形を組み合わせたデザインに、多様性と調和のメッセージが込められています。

候補B 「つなぐ輪、広がる和」

たくましさや躍動感・スピード感が込められ、自己ベストを目指すアスリートがもたらす感動を表現している。また、日本と訪れる世界各国の人々へのおもてなしの心も伝えている。

選手の躍動と観客の喜びがつながって1つの輪となり、世界に広がっていく平和や調和の和を表現しています。

候補C 「超える人」

日本人になじみ深い風神・雷神をモチーフにしたデザイン。ゴールテープを切る一瞬の躍動感や自己最高を目指す選手の姿勢を表す。

平和、多様性、調和への思いを込め、雷神の太鼓を花火、風神の風袋を虹に例えています。

候補D 「晴れやかな顔、花咲く」

江戸時代から日本人に親しまれてきた朝顔がモチーフ。種から芽を出し、蔓を伸ばして空を向いて咲く様子をイメージしている。

アスリートと観客の晴れやかな顔を朝顔に例え、再び実を結ぶ成長の過程が大会への期待や継承を示すとしています。

Twitterでは早くも好き嫌いが加熱…

オリンピックのエンブレムC案がいいなぁー単純に風神雷神とか好きだし!

オリンピック新エンブレム!自分はA案がめっちゃ好きです!!!! 白黒シンプルでカッコいい!!!

五輪エンブレム BとDならどちらでもいいなあ。 逆にAとCは、なんか好きくない。 まあ、慣れってのもあるし、最初嫌いと思っていたものが一番好きになるときもあるし、どれになってもイイよ。

エンブレム…Aがいいな。Aは地味だけど、そこが日本というか、わびさびなのかも。つぎはDが好き。誰かが今ごろ画像検索で類似作品探してるんだろうか。

そして…候補作品がアレに似てると話題に!?

オリンピックのエンブレム候補がドラゴンボールの魔風波に似てるってやつめっちゃ笑ったんだけどw pic.twitter.com/HDh4pUsjIw

東京オリンピックの新エンブレム候補見てすぐアンクだ!!!って思った pic.twitter.com/8UhRrb3ll8

Cはね、北京五輪の招致だかのエンブレムに似てると思うんだわ。際どいよ。 pic.twitter.com/DeARCZdaem

過去のオリンピックエンブレムと ちょっと並べてみよう。 いや、似てるとかそーいうことは言わないょ。並べただけだからね pic.twitter.com/iGlV5vXNeD

オリンピックのエンブレム候補、A案は偏頭痛の前兆に見られる「閃輝暗点」に似てるからめっちゃ吐き気する、見たくない

1 2





お気に入り登録してくださった方、ありがとうございます。食・美容健康・旬なネタを中心にまとめていきます。

このまとめに参加する