1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ooizumiさん

年俸2億円突破!球界の若きエース”二刀流”大谷翔平

1994年生まれ、現在の年齢は21歳。(2015年12月現在)
岩手県水沢市(現:奥州市)出身。
姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め全国大会に出場
菊池雄星に憧れ、彼の出身校の花巻東高校へ進学
2013年12月9日に北海道日本ハムファイターズ入団
現在まで投手・野手の二刀流として大活躍中、2014年には年収1億円を突破
2015年12月、日本ハムと年俸2億円で契約更新が決定
現在は彼女はいないらしく、週刊誌などで噂になったことさえない

メジャー通算714本塁打を放ち、「野球の神様」とも称される偉人と肩を並べる一発。

ベーブ・ルースが1918年に13勝&11本塁打をマークして以来、実に96年ぶりの「10勝&10発」の大偉業。

大谷翔平が花巻東高校1年時に立てた目標達成表

大目標のドラフト1位8球団を叶えるための
具体的に8つの中目標を考える・
体づくり・コントロール・キレ・メンタル・スピード160kmh・人間性・運・変化球
その8つの中目標を叶えるための
さらに具体的な小目標を8個考える。
「体づくり」だったら
体のケア・サプリメントを飲む・FSQ90kg・柔軟性・RSQ130kg・スタミナ・可動域・食事の8個

花巻東高校の佐々木監督が実践している目標設定(用紙)シートの作り方

目標設定用紙(シート)の作成順序をまとめると、

①用紙ど真ん中の部分:テーマ(目的 or 高い目標)の設定

②用紙中央の8つの部分:テーマを達成するための要素(項目)の設定

③外側のその他8つの枠:②のテーマの達成要素の細分化された具体的な項目の設定

(大谷翔平選手の作成した目標達成用紙(シート)の場合「体づくり」「コントロール」「キレ」「メンタル」「スピード160km/h」「人間性」「運」「変化球」の8つの目標設定を達成するために掲げられた、これらの周囲8枠に対して具体的な要素・行動の設定をする)

日常生活は質素

プロ入り後は毎月、両親から小遣い10万円をもらっているが、物欲がなく大半は手を付けず。

リアル1カ月1万円生活”を貫いてきた。1カ月の必要経費は1万円前後だという。大枚をはたくのは年に1度、10万円のスーツを新調する程度

お金を使わなさすぎて、気づいたら貯金が200万円

資金管理は岩手に住む両親に委任。小遣いとして月額10万円をもらうが、この2年間で「貯金は200万くらいになりました」と告白。

2億円の使い道を問われると「(今も)十分、ぜいたくしているので特に…」と困惑の表情を浮かべた二刀流右腕。今季以上の数字を残すため、オフも練習に励むことしか頭にないようだ。

1