1. まとめトップ

生命保険に加入する前に

生命保険は普段あまり接することがない商品です。ですから保険関連の仕事に従事している人でなければ保険の知識をほとんど持っていないのが実状です。そのような人たちが有益な保険選びをするのに役立てば幸いです。

更新日: 2017年02月03日

2 お気に入り 1069 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

m.satoakiさん

H29.0203 記事追加

追加記事・ここまでーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

生命保険を契約する際は家を建てるのと同じ発想が必要です。

生命保険の仕組みを知ることが第一歩です。

生命保険は死亡したときに保険金が支払われる「死亡保障」と入院・通院したときに保険金が支払われる「医療保障」、貯蓄性も兼ね備えた「貯蓄保障」が基本的な考え方です。保険会社はこれらを単独もしくは組み合わせて保険商品を作っています。

死亡保障の基本

決まった期間だけ保障する「定期保険」と死ぬまで保障する「終身保険」、そして満期がきたら保険金が受け取れる「養老保険」の3種類が基本です。

医療保障の基本

医療保険を考えるときは公的保険(いわゆる健康保険です)や高額療養制度などの知識が不可欠です。

保障日額をいくらに設定するかは悩ましいところですが、保険会社は必要日額を高めに説明する傾向がありますので必要日額の決め方を知ることが大切です。

掛け捨て型と貯蓄型の比較

「掛け捨て」という言葉の響きに惑わされることがないよう正しい知識を持って比較することが大切です。

保険を購入するチャネル

昔と違い現在は保険を購入する方法がいろいろあります。昔からあるセールスレディなど営業員が訪問する営業スタイルや店舗を構えている営業スタイル、そしてインターネットを介して購入する通信販売などです。
それぞれのメリット・デメリットを知ることはとても大切です。

最近の生命保険販売の問題点

乗合保険代理店という言葉をご存知でしょうか。一社だけではなく複数の保険会社の商品を販売している保険代理店です。乗合保険代理店を通じて契約しますと、一見契約者にとっては選択の幅が広がり納得できる価格で保険を選ぶことができそうに思えます。ですが、実際は不利益を被っている可能性があることが表面化しました。
それに関連した記事です。

保険に似ている共済について

保険と似ている共済についても知識も蓄えておきましょう。

■わかりやすい良質なサイトがありましたので紹介いたします

1 2