1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

生きている意味に疑問を感じたら。ココロを元気にする方法

誰もが一度は考えたことのある。「生きている意味が分からない」そんな人生のスパイラル...そんな時に効く心を元気にする方法を紹介します。

更新日: 2016年04月10日

387 お気に入り 79745 view
お気に入り追加

生きている意味が分からなくなる時ってありますか?

心が弱って生きている意味を考えるときに、ちょっとスッキリする。お話です。

「自分が生きている意味…」誰しもが一度は考えたことはあるのではないでしょうか?

何かをきっかけに、生きる意味を見失ってしまうことがあります。きっかけは、人それぞれです。

仕事で挫折したとき、長年続いていた人間関係の破綻。人生が順境にないとき、誰もが自分の行動に意味や目的を求めてしまうものだ。

そもそも「生きている意味が分からない」とは?不安の元は...

未来がわからないから意味を見いだせないから先がわからないから、不安になるのです。

「我慢することが当たり前」という人生を送っていると自分の人生に価値があるのか、意味がないのでは、と無気力になってしまう

あくまでご自身が結論づけただけに過ぎません。つまり、「生きている意味がないという意味にしている」ということです。

では、どうやって生きる意味を見つけるのか?

生きている意味が分からない…だなんて思ったときは楽しい出来事を思い出してください。

人が生きる意味の一つは「これからの未来のため」です。そう思って過去の楽しい思い出を振り返って、これからの期待に満ちた未来を想像しましょう。

自分で生きる意味を作ったんです。生きる目的を作ったんです。言ってみれば、考え方を変えたんですね。

「できない→できるかも?→できる」キッカケを作ることができました。

では、具体的な心を元気にするアレコレ

集中力や喜びを取り戻すための最高の解決策は「自分のやりたいことをはっきりさせてちゃんとやること」

自分が社会とどのように関わっていきたいのか、どんな人間になりたいのかを想像してみてください。

優しくて心穏やかな人の側にいると自然と心が温まるもの。

また、そういった人がいない人も探してみましょう。そして自分が「いいな」と思えた人に話をかけてみましょう。

「失敗するかもしれない、でもきっと大丈夫!」、「これがだめでも、何とかなる」、「反省できる自分はえらい!」という具合です。

「ありがとう」「うれしいな」「楽しい」という言葉を、あえて繰り返し口に出していきましょう。

爪や髪を切ったり、髭を剃ったり、普段使っているものを替えてみたりするのもいいかもしれません。見た目や習慣を変えると気分転換になります。

自分のために生きるのはやめて誰か大切な人のために生きていきましょう。

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう