1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

今すぐ捨てて!ダンボール収納を止めるべき5つの理由

軽くて持ち運びも便利でタダで手に入るダンボール箱。こうした理由から収納グッズとして活用されている方もいますが、実はダンボールは収納には向かないらしいんです。その理由とは…?

更新日: 2016年04月11日

227 お気に入り 583358 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■収納に大活躍の段ボール

丈夫で箱状なので使い道がたくさん浮かぶと思いますが、やはり1番の使い道は収納

軽いので簡単に移動もできて耐久性にも優れているので、子ども部屋などに使える

引越しでダンボールを使うのは安くて手ごろということで使う人は多いのですが「収納ボックス」を使うと引越ししたあとも便利

引越しした時の“未開封のダンボール”が押し入れにゴロゴロ……というお宅も、けっこう多いのではないでしょうか?

■実は段ボール収納には様々なデメリットがあります

段ボールは意外と汚い

新品でない限り、これまでの保管場所や流通状況などが全く把握できないため、もしかするととても汚い可能性があります。

カビが繁殖しやすい

紙製品のため湿気を吸収しやすく、特に押入れなどに入れている場合は特にカビの温床になってしまう場合があります。

服などを収納しているといざ着るときにカビだらけとなることも考えられます

ダニを居付かせる

ダニが生息しやすい環境である段ボール、もしかすると大量発生の原因になっているかもしれません。

段ボールは紙製なので湿気を吸いやすく、ダニの住み付きやすい環境になってしまいます

ダニの良い住みかとなり、ダニに刺されたかゆみだけでなく、アレルギーの原因となります

ゴキブリを居付かせる

ゴキブリにとって有利な条件が揃っているため、もしかすると住処にされてしまっているかも…。

ダンボールは、湿気を吸収しやすく、ゴキブリにとっては居心地バツグンの場所

1 2