1. まとめトップ

まさに天才!思わず感動する「田中角栄」名言集

思わず感動する「田中角栄」名言を紹介します。

更新日: 2019年02月02日

30 お気に入り 62317 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

meigen100さん

田中角栄とは

あなたは田中角栄という人物をご存知ですか?「コンピューター付きブルドーザー」と呼ばれた頭脳と行動力で、高等小学校卒から54歳で首相の座に着いた政治家です。

学歴がなくても総理に。

田中角栄は総理になることについてこのように述べていました。

議員というのは、努力、勉強すれば、だいたい幹事長までにはなれる。しかし、総理総裁というとそうはいかない。運だ。

一国の総理総裁はなろうと思ってもなれるものではない。時がきて天が命じなければ絶対になれない。

好むと好まざるとにかかわらず、たたなければならない時がある。総理という職責は、なりたいと思ってもなれない。なりたくないと思っていてもやらなければならない時があるんだよ。

出世する秘訣とは。

トップ(総理)に上り詰めるために心がけていたことととは。

第一は、できるだけ敵を減らしていくこと。世の中は嫉妬とソロバンだ。インテリほどヤキモチが多い。人は自らの損得で動くということだ。第二は自分に少しでも好意を持った広い中間層を握ること第三は、人間の機微、人情の機微を知ることだ。

山頂をきわめるには、敵を減らすことだ。好意を持ってくれる広大な中間地帯をつくることだ。

とても人への気配りを欠かさない人でした。

常に気を配り、相手が喜ぶことを考えて実践していました。

他人にわからないようにしてこそ、好意は生きる。最後に車から降りる。運転手がドアを閉める。その瞬間、運転手の手の下からチップを滑り込ませる。そうすれば、誰にも見えない。

私が大切にしているのは、何よりも人との接し方だ。戦術や戦略じゃない。会って話をしていて安心感があるとか、自分のためになるとか、そういうことが人と人を結びつける。

必ず返事を出すんだ。結果が相手の希望通りでなくても『聞いてくれたんだ』となる。大切なことだよ。

人間味あふれるエピソードも。

本当に活きるお金の使い方を紹介します。

田中派時代、派内の若手の議員が女の不始末の清算で、今日中にどうしても100万円が必要ということになった。

ところが、すぐ現金で百万円を揃えることができない。やむなくその議員は田中のもとに電話をかけ、100万円の借金を申し込んだ。話半分まで聞いていた田中は「わかった」と一言。「カネは直ぐに届けさせる」と約束した。

30分もすると、田中事務所の秘書が紙袋を届けにきた。その議員が開けてみると、本人が申し込んだ額よりも多いなんと300万円の現金が入っていた。そして田中の筆による一枚のメモが入っていた。

一、まず100万円でけりをつけろ
二、次の100万円でお前の不始末で苦労したまわりの人たちに、うまいものでも食わせてやれ
三、次の100万円は万一の場合のために持っておけ
四、以上の300万円の全額、返済は無用である。

その若手議員は、涙しながらそのメモを読んだ。そして、その後、田中派内で竹下登の創政会の旗揚げ問題がクローズアップされた時でも、ビクとも動かなかった。あの時の300万円の一件で、田中という人物に殉じるハラを固めたという。

そんな田中角栄の名言を紹介します。

決断と行動力が溢れる田中角栄。リーダーシップについても学べます。

人間は、やっぱり出来損ないだ。みんな失敗もする。その出来損ないの人間そのままを愛せるかどうかなんだ。政治家を志す人間は、人を愛さなきゃダメだ。東大を出た頭のいい奴はみんな、あるべき姿を愛そうとするから、現実の人間を軽蔑してしまう。それが大衆軽視につながる。それではダメなんだ。そこの八百屋のおっちゃん、おばちゃん、その人たちをそのままで愛さなきゃならない。そこにしか政治はないんだ。政治の原点はそこにあるんだ。

偉くなるには大将のふところに入ることだ。大将は権力そのものだ。だから、そのふところに入れば、あらゆる動きがすべて見える。それがわかればムダな手間がはぶかれ、ボタンのかけ違いもなくなる。

私はメシも仕事も早い。一生の間理想を追っても結論を見いだせないような生き方はキライだ。すべてのことにタイム・リミットを置いて、可能な限りの努力をするタイプなんだ。

決断力は、情報力によって支えられる。単なる直感だけでは、見通しを誤る。新聞代が月2、3千円というのは安い。あれだけの情報が詰まっているのだから、1万円でも安いものだ。

身内のことを知りなさい。身内のことも知らないで一人前の口をきくな。そして身内のために汗を流せ。損して得を取れ。手柄は先輩や仲間に譲れ。そうすればお前、めんこがられて、好かれるぞ。

1 2 3