1. まとめトップ

元「ミドリ」の後藤まりこが引退?

元「ミドリ」のギター&ボーカルの後藤まりこツイッターで突然の「やめる宣言」を。

更新日: 2016年05月20日

1 お気に入り 23812 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Do30PRさん

ロックバンド「ミドリ」の元ボーカルで現在はソロで活動するミュージシャンの後藤まりこが、音楽活動を辞めると宣言した。

◆後藤まりこについて

ごとうまりこ

大阪府生まれ。
2003年に結成したロックバンド・ミドリでボーカルとギターを担当。
ジャズとパンクを融合した音楽性と、セーラー服姿での激しいパフォーマンスで話題を集めるも2010年12月30日のライブを最後にバンドは突然解散。
2011年12月27日に開催した自主企画イベントでソロ再始動を果たす。
2012年7月にソロ1stアルバム「299792458」をリリース。

公式サイト

◆ミドリについて

ミドリ (Midori) は、日本のロックバンド。大阪府出身。
所属レコード会社はソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ。
後藤まりこ(vo/g)のセーラー服でギターをかきむしって歌うのが特徴的なハードコア・パンクロックで「大阪のいびつなJUDY AND MARY」の異名を持つ。2010年解散。

ミドリ公式サイト

2003年7月『ミドリ』を結成。
まもなく桑野が脱退し、ベースレスバンドとなる。
その後、異なる様々なパートのメンバー交代を幾度となく繰り返し、それにつれてサウンドも変化していく。
2004年10月よりピアノのハジメ加入後、自主企画「妄想セックス・露出オナニー」を開催するなど活動の幅を広げる。
2005年5月に劔樹人(b)が加入。円盤ジャンボリーやカモガワロックフェスティバルなどのイベントに参加。
2005年11月にはGYUUNE CASSETTEより1stミニアルバム「ファースト」を発売。
2006年10月に劔が失踪。
2006年11月より、サポートベースに原田真吾(ドブロク)を迎える。
2007年、ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズに移籍。
2007年11月にメジャー初のミニアルバム「清水」を発表。
2007年12月22日のライブを最後に、原田が自らのバンド活動に専念するためサポートメンバーから外れる。
2008年1月26日 岩見のとっつぁんがベースとして正式加入。5月にフルアルバム「あらためまして、はじめまして、ミドリです。」を発表。
2008年3月、ソウル・フラワー・ユニオンの主催する闇鍋音楽祭2008に出演。
2008年5月15日より、下北沢シェルターを皮切りに初のワンマンツアー「あらためまして、はじめまして、ミドリです。」を決行。
2010年5月に「shinsekai」を発表。
2010年12月26日、USTREAM配信にて後藤が、2010年12月30日恵比寿LIQUIDROOMのライブをもって「ミドリ」を解散する事を発表。
2010年12月30日、恵比寿LIQUIDROOMでライブ『さよなら、後藤さん。』を行い解散。

後藤まりこ(Vo, G)が先日Ustreamで突然のバンド解散を発表し、話題を集めていたこのライブ。チケットは解散発表直後に完売し、超満員の観客がフロアを埋め尽くした。

後藤は「なんで自分ら来たん? 最後やからやろ? ボク解散するて言うつもりなかったよ、ホンマは。正直言うたら、解散するって言うたのはチケット売り切れへんかったからや。めっちゃダサいやろ。でも最後くらいぎょうさんの人で終わりたいやん」と、本音を吐露。そして「安心してや、もうちょっとで終わるから。別に無理心中を計りに来たわけやない。ボクの投身自殺や。見といてほしい」と続け、「ボクの嫌いな人も大好きな人も、腹立つやつもアホなやつも、明日から毎日がすこやかに過ごせたらいいと思う」と心のこもったメッセージを観客に伝えた。

アンコールを含め全17曲の演奏を終えたメンバー4人は一旦ステージを降りたものの、鳴り止まない拍手に導かれて再登場。最後に、小銭スピードメーター喜剛(Dr)が「めっちゃいいバンドやろ、ミドリって。わしこのバンドめっちゃ好きやねん!」と叫び、大きな拍手に包まれる中、ミドリの解散ライブは終了した。

◆バンド解散後の後藤まりこ

伝説のバンド「ミドリ」の後藤まりこのソロ・デビュー・アルバム。
錚々たるバックバンドを従えた鉄壁のバンド・アンサンブルと、存在感のあるヴォーカルが際立つ秀逸な作品。自身のポップ&キュートな部分を前面に出した一枚。

2012年8月にLIQUIDROOMで行われた9mm Parabellum Bulletとのツーマンライブでは、ラストソング「あたしの衝動」でテンションが上がったまりこ様。なんとスピーカーによじ登ると、天井の照明をぶら下げた柱にぶら下がった揚げ句客席に落下! 怪我一つなく、平然と歌い続けるまりこ様にスタッフ一同顔面蒼白だった。

1 2 3 4