1. まとめトップ

医者も知らない、癌でももらえる障害年金

意外と知られていない、障害年金はがん患者でももらえます。

更新日: 2016年04月14日

UgqWDIさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
34 お気に入り 12131 view
お気に入り追加

がん患者の障害年金に関するツイートが評判に!

腫瘍内科医のがん患者の障害年金に関するツイートが話題に

がんの患者さんが障害年金をもらえることは、いまだにほとんど知られていない。障害年金は、簡単に言うと、重病になり、老齢年金をもらえない可能性のある患者さんが、前払いとして、年金を受給できるという制度と言ってよい。進行がん患者さんは皆受給する権利があると思います。もっと知ってほしい。

日本人の約50%が患う「がん」に関わるので次々と反響が!

@Katsumata_Nori そ、そうなんですか。全く知らずにもらえそうもない年金を普通に払い続けていました教えてくださりありがとうございます!確認してみます。

@Katsumata_Nori 初めまして。大切な情報をありがとうございます。 父を癌で亡くしています。家族に患者がいる場合、お金の事はとても重要。 もっとたくさんの方に知っていただきたいです!

なぜ知られてないのか?

年金事務所も社会労務士さんも、専門でないと知らなかったり・・・。

年金事務所の対応もよくない。がんの患者さんが受付に行ったら、「どこで聞いたのですか?」など問い詰められたと聞きました。社会労務事務所に相談するとよいのですが、社会労務士さんも、専門でないと知らなかったりします。ある患者さんが、社労士に相談したけど、ダメと言われたそうです。

@Katsumata_Nori @dokatank 自分の身内がガンでかかった医者は大学病院なのに身体障害の4級相当2つだったのに4級相当扱いの診断書書きました・・・

医者にも知られてないらしい。

医師も、障害年金の診断書を書いたことない人が多いので、身体障害の診断書と勘違いしていて、「書けません」という医師が多い。障害年金の診断書は医師なら誰でも書けるのです。患者さんが、障害年金の診断書を希望したら、丁寧に書いてください。きちんと書かないと年金おりませんので。

障害年金は初診日から一年半後から支給。

初診日 ~ 一年半 → 傷病手当金(健康保険)
一年半後 ~     → 障害年金(年金)

@Katsumata_Nori 初診日から一年半は障害年金は支給されないので、健康保険の人はちゃんと傷病手当金も請求してくださいね。国保も市町村によっては傷病手当あるので、ちゃんとチェックしましょう。

障害年金の概要

がん患者さんが障害年金をもらえることは、政府広報オンラインにも出ていました。糖尿病や心疾患患者さんも対象になるそうです。広く知ってほしいですね。ow.ly/10qngp

・公的年金には、病気やけがなどで障害が生じたときに支給される「障害年金」があります

・障害年金は、がんや糖尿病など、病気で生活や仕事が制限されるようになった場合にも支給対象となります

・障害年金が支給されるのは、保険料の納付要件などの支給要件を満たしている方です

・加入していた年金制度や障害の程度、配偶者・子どもの有無などによって、支給される障害年金の種類や支給額が異なります

・厚生年金保険や共済年金に加入していた方で障害の程度が1級・2級の場合は、障害厚生年金または障害共済年金と併せて障害基礎年金も受けられます

・障害年金を受け取るためには、年金の請求手続きが必要です

1