単身赴任者が職務遂行上の理由から旅行する場合に支給される旅費については、これに付随してその者が留守宅への帰宅のための旅行をしたときであっても、その旅行の目的、行路等からみて、これらの旅行が主として職務遂行上必要な旅行と認められ、かつ、その旅費の額が所得税基本通達9-3《非課税とされる旅費の範囲》に定める非課税とされる旅費の範囲を著しく逸脱しない限り、非課税として取り扱って差し支えありません。

出典単身赴任者が会議等に併せて帰宅する場合に支給される旅費|源泉所得税目次一覧|国税庁

通常の帰宅旅費は、給与として課税対象となりますが、上記の条件であれば、非課税対象として処理することが可能です。業務で、出張の途中で帰宅。できれば良いですが、都合よくは行きませんね。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

転勤(単身赴任)まとめ

「某会社」の単身赴任時に気付いたことをまとめてみました。

このまとめを見る