1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

チームラボも参加! いよいよ始まる若冲展はマジで見逃せない

今年は伊藤若冲生誕300周年。おそらく美術展史上、空前絶後の展覧会になるであろう大回顧展「若冲展」がいよいよ4月22日から開催されます。公式サイトは現代最高のクリエイター集団「チームラボ」が制作したことも判明。ますます期待が高まっています。

更新日: 2016年04月17日

197 お気に入り 46820 view
お気に入り追加

4/22〜5/24 若冲展がいよいよ開催

開催期間:2016年4月22日~5月24日
会場:東京都美術館

生誕300年を記念して開催される「若冲展」では、初期から晩年の代表作品が集結。もともとセットだったと言われる「釈迦三尊像」(3幅)と「動植綵絵」(30幅)の33幅などが公開される。

「釈迦三尊像」3幅と「動植綵絵」30幅が一堂に会すのは東京では初めてとなります。

本展では、若冲の生誕300年を記念して初期から晩年までの代表作約80点を紹介します。

2000年代に入って人気が爆発している若冲ですが、今回の展示会は量・質ともに過去最大規模のものになります。

これまで国内外で多くの伝説的展覧会になってきた若冲ですが、今回のものは本当に、空前絶後、史上最大になる事が確実です。

「世界中で1日の平均入場者数が最も多かった展覧会」の記録(「プライスコレクション 若冲と江戸絵画」展…2006年)を持つなど、伊藤若冲の展覧会は毎回伝説的な入場者数を記録。

『動植綵絵』はあまりにも貴重な文化財のため、なかなか公開されることがありません。まして30幅全部を一度にみられる機会は、今後決してないかもしれないといわれていました。

鮮やかな色彩、力強い構図などが衝撃的な日本画の傑作『動植綵絵』全30幅が、若冲展で一堂に会する。

開室時間は9時30分から17時30分、金曜日は20時まで。4月25日と5月9日は休室日となる。また、会期中に展示作品の入れ替えが予定されている。

クリエイター集団“チームラボ”が全面バックアップ!

若冲展の公式サイトはチームラボが制作。
本展にも若冲のモザイクアートをモチーフとしたチームラボ制作のデジタルアートが特別出展されます。

江戸時代の絵師・伊藤若冲の生誕300年を記念して開かれる、生誕300年記念『若冲展』の公式サイトをチームラボが制作したことが発表された。

日本科学未来館で2014年〜2015年に開催されていたチームラボ展でも「Nirvana」と題された若冲モチーフのデジタルアートが展示されていました。

開催前から話題の同展の公式サイトを手掛けたのは、現代のアートシーンをけん引するウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」。

会期中は、チームラボが「鳥獣花木図屏風」や「樹花鳥獣図屏風」をモチーフとして制作した、2013年のデジタルアート作品「Nirvana」の特別展示も決定!若冲のマスターピースとあわせて楽しむことができる

チームラボによる若冲画モチーフのデジタルアート。仮想の三次元空間上で動植物を立体物として動かし、その空間を「超主観空間」によって映像作品にしている。
東京都美術館にて開催の若冲展にて特別展示される。

江戸時代のデジタル画である『升目画』を21世紀の最先端デジタル技術によってチームラボが世に放つ「Nirvana」。若冲300年生誕祭に華を添えること間違いありません。

楽しみ増えたーーっ!いよいよ来週開催「若冲展」にチームラボ作品 Nirvana が特別展示決定!|Japaaan mag.japaaan.com/archives/38109

伊藤若冲 異能の絵師の生涯とアート

伊藤­若冲(1716 - 1800)は、近世日本の画家の一人。江戸時代中期の京にて活躍した絵師。

今年2016年は、若冲生誕300年ということで様々な企画が各地の美術館などで開催されています。

生前の若冲は、『平安人物志』の上位に掲載されるほどの人気と知名度を持っていたが、明治以降一般には忘れられがちな時期もあった。

『動植綵絵』のうちの1幅。

『動植綵絵』は若冲が42歳の頃から10年近い月日をかけて完成させた30幅の連作画で、鳥、鳳凰、草花、魚介類などがさまざまな色彩と形態のアラベスクを織り成す、華麗な作品群。

しかし、昭和45年(1970年)に辻惟雄の『奇想の系譜』が出版されて以来注目を浴びるようになった。 1990年代後半以降その超絶した技巧や奇抜な構成などが再評価され、特に、アメリカ人収集家ジョー・プライスのコレクションにより飛躍的にその知名度と人気を高めている。

酒もたしなまず、女にも興味がなく、生涯妻を持たず、浮いた話も伝わっていない。

京都の青物問屋の長男として生まれながら、その生涯を絵画一筋で貫いた奇人だったようです。

繊細な描写技法によって動植物を美しく鮮やかに描く一方、即興的な筆遣いとユーモラスな表現による水墨画を数多く手掛けるなど、85歳で没するまで精力的に制作を続けました。

伊藤若冲といえば、絶妙なセンスを感じさせる水墨画も素敵すぎます。

2006年に東京国立博物館で開かれた「プライスコレクション 若冲と江戸絵画」展は、1日平均約6500人が訪れ、2カ月弱で約32万人を集めた。

これは英国の美術専門紙「アートニュースペーパー」(2007年3月号)のランキングで、世界中で1日の平均入場者数が最も多かった展覧会とされています。

02年に京都国立博物館で開かれた没後200年記念の「若冲」展をきっかけに、その絵が商品デザインや音楽のビデオクリップなどに使われ、若者を中心に現代人の心をとらえている。

様々な商品のパッケージデザインや音楽MVに若冲の絵が採用されるなど、若い世代を中心にブームが続いています。

みんなの声

こないだNHK BSで伊藤若冲の番組やってて面白かったんだけど、生誕300年記念若冲展やるのねー。この人の絵ってほんとにすごいよね。写実的でありながらそれだけじゃないし、描き込みが物凄いのに嫌らしくない。 日曜美術館の「冷静だったのか、情熱的だったのか。」という呼びかけはいいね。

1 2





質を大事に、自分なりの視点でまとめを発信していきます。

【得意分野】
IT
スマートフォン
音楽
雑学
子育て
レッサーパンダ

よろしくお願いいたします!



  • 話題の動画をまとめよう