1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

テレ東の「素人出演番組」作りへの情熱がハンパじゃない

最近、人気のある「素人が登場する番組」ですが、そんな、素人が登場する番組の一つ「家、ついて行ってイイですか?」をご存知でしょうか?

更新日: 2016年04月17日

musinoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
117 お気に入り 162942 view
お気に入り追加

最近、人気のある「素人が登場する番組」

素人にインタビューして、面白いトークやユニークなキャラクターを引き出すことを企画のメインに据えた番組が増加している

タレント同士が見せる“お約束”などの予定調和も視聴者が嫌う要素なのですが、それがないため、つい見入ってしまうのでしょう

「月曜から夜ふかし」や「水曜日のダウンタウン」など、最近街の素人をちょっと面白おかしく、失礼な感じでナレーションなどでイジる番組があります

そんな、素人が登場する番組の一つ「家、ついて行ってイイですか?」

終電を逃した人に街で声を掛けて、タクシー代を出す代わりに取材ディレクターが自宅までついて行くというドキュメンタリータッチの内容

MCを務めるビビる大木と矢作兼(おぎやはぎ)が、使用許可をもらった一般人の家屋から番組進行をすることでも話題となった

これまでにも、「離婚したばかり」「女装が趣味だった」「介護で仕事を辞めた」など、一般の方が抱えている数多くの悩みや夢が映し出されてきた

深夜、急に訪れる片づけられていない素のお宅は、その人の人生ドラマが散りばめられた宝箱です

『平成27年日本民間放送連盟賞』テレビエンターテインメント部門で最優秀賞を受賞したことが17日、明らかになった

晴れて、ゴールデンタイムにも進出した

矢作さんは、同じ土曜午後8時から放送されていた1970~80年代の国民的番組「8時だョ!全員集合」を挙げるも、「なるべく今の感じで進めていきたい」と淡々と話した

番組作りへの情熱がハンパじゃない

矢作さんはそのハードさに「大変なんですよ、スタッフが。『こんな地獄な現場ないよ』とADもすぐ辞めていくと思うんですよ」とやらせを否定

片づけられていなくて、生活感のある家のほうが、その人の生き方や成り立ちが見えてきて面白いでしょう。だから、「絶対今すぐ」というルールを守っています

「番組が有名になって会話しやすくなったのはいいのですが、本当は番組を知らないっていう人がいいんです。その方がより素が出る」と上野D

ついていく家が遠距離であっても距離を問わず同行する

とにかく、声をかけまくる

一晩に30人近く声をかけて結局、オンエアに至ったのは0人ということもよくありました

「3日か4日ロケに行って、1日付いていけたらいいなという感じ。中には翌日しらふになってオンエアしないでと連絡してくる人もいます」と裏話を話していた

1 2





musinoneさん

のほほんとまとめています。

このまとめに参加する