1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

新しいことを吸収しよう!2016年下半期に見れる企画展

2016年12月までに見れる博物館やミュージアムで新しい知識を吸収してみましょう!※場所は関東近辺のみ・後ろのページになるに連れて日付が12月に近いです。

更新日: 2016年11月13日

gahi_gahiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
361 お気に入り 83334 view
お気に入り追加

■マリー・アントワネット展

・2016/10/25[火]-2017/2/26[日]
・10:00~20:00
・一般¥1,800 
・森アーツセンターギャラリー

オーストリアに生まれ、14歳でフランスに嫁ぎ、革命の波にのまれて37歳で断頭台の露と消えたフランス王妃、マリー・アントワネット(1755-1793)。

さらにヴェルサイユ宮殿内にある王妃のプライベート空間「プチ・アパルトマン」の浴室、図書室、居室を当時の装飾や実際に使われた家具、映像などとともに六本木ヒルズで原寸大再現。マリー・アントワネットが暮らした空間とその時代をも体感することが出来る、かつてない展覧会です。

■デザインの解剖展: 身近なものから世界を見る方法

・2016年10月14日(金)- 2017年1月22日(日)

・休館日:火曜日、年末年始(12月27日-1月3日)
・開館時間:10:00 - 19:00(入場は18:30まで)

・21_21 DESIGN SIGHT

「デザインの解剖」は、グラフィックデザイナーの佐藤 卓が2001年より取り組んでいるプロジェクトで、身近な製品を「デザインの視点」で解剖し、各製品の成り立ちを徹底して検証する試みです。

また、教育プログラムの一環として「デザインの解剖」が活用された例も紹介します。製品を取り巻く世界はもちろん、社会、暮らしとデザインの関係について、さらにはデザインの役割や可能性について、改めて深く考察する機会となることでしょう。

■TVアニメ「orange」展~未来のわたしからの手紙~

・2016/11/3(木) ~ 2016/11/20(日)

・池袋パルコミュージアム

・10:00~21:00 ※最終日は18:00閉場

・一般500円

9月に池袋パルコへ渋谷パルコから移転、オープンしたパルコミュージアムにて、TVアニメ「orange」の世界に触れる初の大型展覧会の開催が決定しました!

アニメキャラクターデザイン結城信輝による描き下ろしイラストをはじめとした貴重な展示の数々に加え、ここでしか体験できない特別展示もあります!さらに、原作の高野苺先生によるイラストを使用したグッズも販売。

■戦国時代展

・2016/11/23(水・祝)~1/29(日)

・東京都江戸東京博物館

・9:30~17:30 (土曜日は9:30~19:30)
入館は閉館の30分前まで

・毎週月曜日・年末年始(12月26日~1月1日)休館
※ただし1月2日・9日・16日は開館

・一般:当日 1,350円/前売 1,140円/団体 1,080円

日本における戦国時代といえば、下克上の言葉に代表されるように、室町幕府の衰退に伴って各地で群雄が割拠し、相次ぐ戦乱によって国の秩序が大きく乱れた時代だとイメージされてきました。ところが近年では、研究の進展により、このようなイメージが見直されるようになっています。

歴史ファン必見!短刀「五虎退」や多数の「合戦図屏風」などを展示。北条、毛利、上杉、信長、そして狩野派、100年におよぶ戦国時代を網羅!

■宇宙と芸術展

・2016年7月30日(土)~2017年1月9日(月)

・森美術館 

・一般=1,600円
高校・大学生=1,100円
子供(4歳~中学生)=600円
*展望台 東京シティビュー、屋上スカイデッキへは別途料金がかかります。

・会期中無休

・10:00~22:00(ただし、火曜日は17:00まで)
*入館は閉館の30分前まで

本展では、隕石や化石、ダ・ヴィンチやガリレオ・ガリレイ等の歴史的な天文学資料、曼荼羅や日本最古のSF小説ともいえる「竹取物語」、そして現代アーティストによるインスタレーションや、宇宙開発の最前線に至るまで、古今東西ジャンルを超えた多様な出展物約200点を一挙公開。

貴重な天文学資料や現代美術作品など日本初公開となる出展物も登場している。

■ジブリの大博覧会~ナウシカから最新作「レッドタートル」まで~

1 2 3 4





gahi_gahiさん

お気に入りして頂いた方、ありがとうございます。
※更新は土日中心

このまとめに参加する