1. まとめトップ

熊本地震でルフィが神対応!?博多座で上演中の「ワンピース歌舞伎」

ルフィを演じる四代目市川猿之助の熊本地震への対応が絶賛されています。

更新日: 2017年10月16日

3 お気に入り 1884 view
お気に入り追加

スーパー歌舞伎II「ワンピース」は、2016年4月2日~26日に博多座で上演。
中日を迎えた4月14日に、熊本地震が発生した。
「ONE PIECE」原作者・尾田栄一郎は、熊本県出身。

地震を起こす能力を持ったキャラクターも登場。上演中止か…?

震災の年に発表されたラプンツェル、津波を連想する表現があったせいかあんまりヒットしなかったよね。ワンピース歌舞伎には白ひげのグラグラの実の能力を発動させたとき、地震が起きたかのような演出がくわわるけど、それ、あの、変更になったりとかしないよね.......

猿之助さんの口上から幕をあけました。我々キャスト一同、同じ心(覚悟)です。二幕終わりには募金活動もさせていただきます。今日お越しになったお客様、我々キャスト、スタッフ、みんなの祈りが…熊本地震で被災された皆様に届きますよう…。

1幕目の間に客席のケータイで地震アラームなったり、挨拶の最中にも余震来たけど いまのところ予定通り行われてます

博多座『ワンピース』の上演も中止?と云う お話しも出ていたそうです。

そんな中 上演を決定された経緯を 本日の昼夜の公演、ともに『ワンピース』
本編上演前にルフィの口上として 猿之助さんがお客様に伝えられました。

『このたびは熊本の大地震、心よりお見舞いを申し上げますとともに、 本日はその交通の不便な中、
かくも賑々しくご来場賜りました事、 出演者一同、関係者一同いかばかりかありがたく、 厚く厚く御礼を
申し上げる次第でございます。

このようなときに芝居を上演して良いものかどうか、非常に悩むところでございました。
また、今回の出演俳優の中には、熊本出身、大分出身、 家族が熊本にいる、大分にいるという人もありました。
そして何よりも『ワンピース』の原作者である尾田先生の出身地が熊本でございます。

そんな中、皆で話し合いまして、今日は是非とも演るべきだ、このような時こそ演るべきだ、
そして何よりもお客様が1人でもいるならば、俳優は絶対に舞台を演らなければいけない、
これが俳優の使命であると存じております。
こうして来ていただいたお客様のご期待に応えるべく、
いつもと変わりなく通常通り上演をする運びと相成りましてございます。

大好評を得まして、特にこの週末の公演は完売でございます。
しかしながらご覧いただくと空席がいくつもございます。
この席は空席ではなく、来られなかった方の熱い熱い想いが詰まった席でございます。
ツイッターで避難所から投稿がございました。
今日劇場へ行くつもりでございましたが、避難所から出られずに席を空けることをお許しください。
その代わり劇場にいる皆さん、私の分まで楽しんでくださいという投稿でございました。
“祈り”とは何も手を合わせて祈るだけではございません。
ここで大いに楽しんでいただき、大いに拍手をしていただき、客席と舞台が一体になることが
大いなる祈りだと私は信じております。

お客様の中にはこういう時期に楽しんでいいのかと疑問を持つ方もいらっしゃると思いますが、
どうかそういう疑問はこの上演時間中は忘れていただきまして、
大いに大いに楽しんでいただきたいと思います。
我々もいつも一所懸命でございますが、いつにも増して一所懸命、
この思いが皆様や、また被災地の皆様に届くよう演らせていただきます。

この『ワンピース』の主題歌「TETOTE」は、ゆずの北川悠仁さんが書いてくださいました。
歌の中に、“どんなに深い暗闇だとしても、明けない夜など絶対ありはしない、
~手と手繋いで、星に願うよ”という文句がございます。

この「TETOTE」は『ワンピース』の歌であるのと同時に、奇しくもこの今の状況の歌でございます。
どうか皆様、これを口ずさんでいただきまして、大いに盛り上がっていただきたいと存じます』
(一部略)

幕間では募金活動も

ファーファータイムの格好のまま、 猿之助さんルフィも 直也さんダズも 隼人さんイナズマも 猿三郎さんクロコダイルも 春猿さんナミも 猿くん囚人も みんなみんな募金箱持って客席をまわってます。 #ワンピース歌舞伎

2幕後、キャストの皆様が募金活動をされていたので、私も募金させていただきました。 猿之助さん、春猿さん、中村隼人さん、石橋直也さん、男女蔵さん、笑三郎さん…たくさんの方とお話しまた握手していただきました。 キャストの皆様のお気持ちは、今日会場に来られなかった方に届きます、絶対に。

本日のそこに居た私達の想いが詰まっています。猿三郎さん、3階の喫煙所にまで現れて募金を呼びかけていらっしいました! 本日のワンピースの公演 - 市川猿三郎 二輪草紙 - Yahoo!ブログ blogs.yahoo.co.jp/enzaburou/3998…

『おかげさまでスーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」本日も無事に終了!』 いつもの呟きの中の無事という言葉の素晴らしさを再確認する数日。 昨日、開演前の口上で「我々俳優は演じることしかできない」と仰っていた猿之助さんは、今日も幕間休憩が終了5分前まで客席に下りて募金活動をなさってました。

私 クロコダイルも舞台から1階客席 そして2階3階を回らせて頂きました。

ロビーや客席で、小学生くらいの男の子や女の子が 私の姿を見ると
お金を握りしめて近づいてきてくれ 募金箱に入れて下さる姿に 
感動さえ覚えます。 本当にありがとう。

猿之助ルフィは、寄付金を受け取り、握手したり、相手が子供の時にはちゃんと目線を合わせるようにかがみ、時には小さい子の頭を撫でたり。ずーっと笑顔でそんな対応を続けていた猿之助さんを近くで眺め放題の幕間。こんなことってあるんだな。

普段SNSを使わない猿之助からのメッセージ

猿之助さんからです!!! ↓↓↓↓ 手と手をつないで。 ワンピース歌舞伎の主題歌「TETOTE」は、たくさんのメッセージが詰まっています。多くの人の希望の歌になればと願っています。

「どんなに深い暗闇だとしても、明けない夜など絶対ありはしない、…手と手つないで、星に願うよ」北川悠仁さんが手掛けた『ワンピース』の主題歌「TETOTE」の歌詞の一部です。劇場内には市川猿之助さん直筆のメッセージが掲示されています pic.twitter.com/nh0YVbUwS0

ファンの反応は

昨日のワンピース歌舞伎の公演、はじめの方で「地震にも負けずよく来てくださいました」というセリフが(アドリブで)あって客席から笑いが起こったんだけど、あれは前日突然の地震にびっくりしたこちらとしては、ホッとするというか、緊張から開放してくれて嬉しかったな。

猿之助さんの事務所の方から連絡が❗熊本の人を探して連絡してくださいました。泣きました…益々、彼の気遣いも含めて大好きになりました。博多座にいらっしゃる皆様、どうぞ遠慮なく盛り上げ楽しんで下さい。

下RT ワンピース歌舞伎「グラグラの実」のくだり、普通にやってくれて、変な言い方だけど私は何か安心した。健全な世界に生きている安心とでも言うか。

ワンピース歌舞伎、地震の影響で行けなくなったけれど、代替策を講じて下さった博多座の神対応に心から感動しています✨

やっぱりこんな時に楽しんでいいかな?って恐れあって…ワンピース歌舞伎行ってよかったな。元気と勇気をもらいました。ガチ泣きした…笑。主題歌のTETOTEがまた良くて『どんなに深い暗闇だとしても明けない夜など 絶対にありはしない/君に想いよ届け』猿之助さんも歌ってた #博多座

舞台は中止にせず、始まる前にお客さんに向けてご挨拶とそのまま続行する経緯などの説明、幕間に衣装のまま客席へと義援金を募る…これが災害時における一番のエンターテイメントの在り方だと。安全に行われ、万が一のときの場合も誘導できるならばやるべきだと私は思う。猿之助さんステキっ!

1 2