1. まとめトップ
  2. カラダ

長時間同じ姿勢を続く人は注意しよう!エコノミークラス症候群の恐怖

飛行機や車、車中泊注意

更新日: 2016年04月19日

6daimessさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
10 お気に入り 13346 view
お気に入り追加

エコノミー症候群?

長時間おなじ体勢で座り続けていると起こると言われている、エコノミークラス症候群。

「エコノミークラス症候群」という名称から、「エコノミークラスだけで起こるもの」と思う人もいるかもしれないが、実はエコノミークラスに限った話ではない。

飛行機の中だけでなく、車やバス、オフィスでも起こることを知っていますか?正式名称を「深部静脈血栓症」「肺塞栓症」といい、最悪死に至る恐ろしい病気です。

飛行機、列車、バス、自動車などの座席で、4時間以上座ったまま動かないでいると、血栓ができる危険性が2倍に高まるという。

メタボリック症候群をはじめとした生活習慣病の人、例えば肥満、糖尿病、下肢静脈瘤などを有している人は、注意が必要です。又、40歳以上の女性、背が低い人、タバコを吸う人なども注意が必要です。

このような自覚症状が現れたら注意、中には死亡例も

比較的軽い場合であれば【足のむくみや痛み】といったことで済むケースが多いです。

肺の血管がつまった場合には、突然、胸痛と息切れが起きます。なお、症状の程度は軽度から心臓発作のような重症のものまでさまざまです。

ロシアの17歳の少年が、コンピューターゲームにあまりにも夢中になりすぎて命を落としてしまった。唯一の休息はトイレ、食事、昼寝、夜の睡眠の時だけであったという。

予防対策①のどが渇いていなくても水分補給

エコノミークラス症候群は、血液がドロドロの状態だと出来やすく、飛行機の中など水分補給を忘れがちな状況で発生しやすくなります。

また、飛行機は湿度が20%以下になることもあり、体内の水分が蒸発しやすくなります。喉が渇いたから飲むというのではなく、こまめに水分を取るようにしましょう。

エコノミークラス症候群についてはググッたほうが早いですが、簡単に言うと血液がドロドロになるらしいです。水が大切だと言いましたが、しっかりと水分補給するのと、適度な運動を欠かさないようにすることをオススメします。 matome.naver.jp/m/odai/2140793…

予防対策②動かせる範囲で足を動かす

場所も狭いので、あまり大きな動きはできませんが、最低1時間に1回くらいは少し離れたお手洗いに行ったり、伸びをしたり、ふくらはぎをマッサージしたりするようにしましょう。

足にたまった血液も、カラダを動かすことで少しは流れるようになるはずです。

席を立つことができない場合はかかとの上げ下ろし運動を、立つことができるなら立ったほうが良いでしょう。

予防対策③ゆったりをした服を着る

血液の流れを妨げないように、体を締め付けるような服装は避けます。また、靴を脱いだりスリッパに履き替えるのも効果的です。

機内で、締め付ける服装はアウトです。靴ですら脱いでスリッパになる人も大勢いますから。

予防対策④アルコールやコーヒーは飲みすぎない

1 2





6daimessさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう