1. まとめトップ

【2016年5月31日に大地震?】音霊・数霊・色霊の解析研究家 藤乃哉人氏の警告

地震はいつ起こるか考えるよりも起こったときのために準備をしておくことが重要ですが・・・

更新日: 2016年04月19日

香月フニさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
6 お気に入り 20922 view
お気に入り追加

熊本地震から南海トラフへ発生する可能性

「今後続けて内陸地震が起きる恐れがある」
 尾池和夫・京都造形芸術大学長(地震学)は、今回の熊本地震の影響について、こう警鐘を鳴らす。

さらに尾池氏は、「紀伊半島や四国の北部を通る中央構造線断層帯での地震の発生にも警戒が必要だ」としており、内陸地震が続発する可能性を示唆する。

 国内では、内陸地震の後には、西日本の沖合を震源とする南海トラフ10+ 件地震が100~200年周期で発生し、津波により大勢の死者を出す-という歴史を繰り返してきた。

そんな中、数霊の藤乃哉人氏から警告が

先生の本業は、
某・国立大学の講師を含め、
経営コンサルタントや、
国家的なプロジェクトにも関わっている。

産学共同の商品開発や、
数々の特許も多い(※実名で)。

それらの活動全てに、
自ら数霊を応用しながら、
科学的に検証している。

余りにも脅威的に的中する数霊…

『恐ろしいくらいだ…』
と漏らす方も多い。

過去いくつもの地震が起きやすい期間を的中させた、
数霊の藤乃先生と連絡を取りました。

「今年の3月、5月の辺りに大地震が起きる危険性大である。

その場所は、

日本の南西と北東を結ぶラインで必ず起きる。」

まだ序盤・・・

とうとう日本の南西ラインが開いてしまいましたね…

数霊で予測していた大地震でしたが、
実はまだ序盤かと思われます。

残念ですが、
いよいよ始まった感が拭えません。

より一層、
日本民族の魂の覚醒が急がれます。

皆様に、
油断することなくお伝え願います。

気をつけなくてはいけない日は?

良くない予言は外れる…



よって、
外れることを心から祈ってます。

1





暇つぶしになれば幸いです