1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

6daimessさん

きな粉は、大豆を炒った後に皮をむき、挽いた粉のこと。原料は「大豆」だったんですね。

健康によいと言われる“きなこ”ですが、きなこにはいったいどのような栄養があるのでしょうか?

美肌効果

きなこに含まれる栄養には、大豆イソフラボンという、女性ホルモンと似た働きをするエストロゲンというものが含まれているんです。

エストロゲンは別名「美のホルモン」とも呼ばれ、肌の弾力やハリの元であるコラーゲンを生成し、肌の潤いの源にもなります。

体内からコラーゲンを増やすには、女性ホルモンのエストロゲンに似たイソフラボンが多く含まれる大豆食品を摂るようにしましょう コラーゲンが増えると肌のキメが細かくなり美肌に繋がります。 #美容

エストロゲンに構造が似ている為、イソフラボンにもバストアップ効果が期待できるということで、大豆製品が注目されています。

エストロゲンが体内で分泌されることで、乳腺が増え、さらに乳房の皮下脂肪を増やす働きがあると言われています。

育毛促進効果も期待できる可能性も

「きな粉には多くのタンパク質やビタミンやミネラルが含まれている。特に髪の生成に欠かせない亜鉛や、白髪に影響する銅の含有量が多いことが特徴です」

便秘解消

しかも、便秘解消に効果的な不溶性食物繊維、オリゴ糖も含まれています。

むくみの解消

女性に多いむくみですが、きな粉にはカリウム、サポニンといった利尿作用がある成分が含まれているので、むくみ改善にも効果が期待できます。

若いころ運動をしなかった人や、長い間病気で寝込みがちだった人は、体格がきゃしゃになり、骨が弱く、骨折しやすいことが知られています

きな粉には、大豆イソフラボンやカルシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。

カルシウム不足を解消することは、将来の骨粗しょう症予防にもなります。

きなこを使った飲み物① きなこ牛乳

◆材料
牛乳:200ml
きなこ:大さじ1杯(7g)
◆作り方
1.マグカップに牛乳(200ml)を入れる

2.電子レンジで温める

  ※私はいつも牛乳を50℃に温めています

3.温めた牛乳にきなこ(大さじ1)をいれて、よくかきまぜる

※よくかきまぜないと、きなこがカップの底にたまったままになりますので、しっかりとかきまぜましょう

きな粉自体は低カロリー(7gで約20kcal)ですが、牛乳にはしっかりとカロリーがある(200mlで約130kcal)ので制限カロリー内で収めるようにしてください。

きなこ牛乳はダイエットに良いです。でも、飲み過ぎてしまっては、カロリーをとり過ぎてしまって、逆に太ってしまうんです。

夜にきなこ牛乳とか飲むと結構心が落ち着いて良い

1 2