仁科 関夫(にしな せきお、1923年(大正12年)4月10日 - 1944年(昭和19年)11月20日)は、日本の海軍軍人。海兵71期。太平洋戦争(大東亜戦争)の末期、人間魚雷「回天」を創案するとともに自らも出撃して戦死した。最終階級は海軍少佐。

出典仁科関夫 - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【回天】特攻の島 実在の人物まとめ

佐藤秀峰先生作、特攻の島の実在の人物についてまとめました。太平洋戦争の海の特攻「回天」について描かれた漫画です。なお、人物の階級は特進前の階級になっていますのでご了承ください。

このまとめを見る