仁科も創案者の一人として菊水隊員に選ばれ、黒木の遺志を継ぐために出撃直前まで熱心に「回天」の研究・改良に務めていた。同年11月8日に、仁科は菊水隊(母潜「伊-47」)として黒木の遺骨を持ってウルシー環礁へ向けて出発、同年11月20日午前3時50分に発進し、午前5時過ぎに黒木の遺骨を抱いたまま米油漕艦「ミシシネワ」へ特攻・戦死した。21歳没。

出典仁科関夫 - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【回天】特攻の島 実在の人物まとめ

佐藤秀峰先生作、特攻の島の実在の人物についてまとめました。太平洋戦争の海の特攻「回天」について描かれた漫画です。なお、人物の階級は特進前の階級になっていますのでご了承ください。

このまとめを見る