回天隊水雷参謀兼指揮官として、発案者である黒木博司中尉、仁科関夫少尉と共に回天隊の立ち上げに当たる。その後終戦まで、回天隊指揮官として、訓練、出撃、整備など現場の管理統括を行った。この間、部下を死なせるなどの事故もありずっと自らも出撃を希望し続けていたが遂に叶わず、また、終戦時には自決を企図したが説得されて回天隊の戦後処理に当たった。

出典板倉光馬 - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【回天】特攻の島 実在の人物まとめ

佐藤秀峰先生作、特攻の島の実在の人物についてまとめました。太平洋戦争の海の特攻「回天」について描かれた漫画です。なお、人物の階級は特進前の階級になっていますのでご了承ください。

このまとめを見る