1. まとめトップ

1番人気はあてにならず!?18年マイラーズカップ レース情報

1番人気が勝てず、10番人気以下の人気薄も馬券に絡まず、大外枠・リピーターの相性がよい傾向のマイラーズカップ。また、安田記念の前哨戦という位置づけながら相性が悪いレースでもあります。

更新日: 2018年04月17日

1 お気に入り 1192 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

■18年出走馬情報

最有力候補はエアスピネル(栗東・笹田和秀厩舎、牡5歳)だ。1600メートルは通算【4・3・1・1】という安定感で、昨年は同距離で重賞を2勝した。秋のマイルチャンピオンシップはハナ差2着に敗れたが、寸分の狂いもなく馬群を縫ってきた勝ち馬ペルシアンナイトとミルコ・デムーロ騎手をほめる他なく、地力は間違いなくマイル界最上位だ。昨年はマイラーズC(2着)が年明け3戦目だったが、今年は昨年5着だった安田記念に向けて、ここを始動戦に定めて調整。1週前追いでは栗東坂路で4ハロン51秒7の好時計をマークするなど、5カ月ぶりでも仕上がりに不安はない。デイリー杯2歳S、京都金杯の重賞2勝を含め【2・2・1・0】を誇る京都コースで、GIへ弾みをつける。

サングレーザー(栗東・浅見秀一厩舎、牡4歳)は、昨秋のマイルCSで3着。GI初挑戦ながら、直線で外から鋭く脚を伸ばして0秒1差に好走した。続く阪神Cもレコード決着の3着に善戦しており、GIに手が届くほど力をつけている。中間は放牧で激戦続きの疲れを癒やし、精神面でも成長。こちらも京都外回りコースで【2・0・2・0】と安定しており、世代レベルの高さに定評がある4歳馬としても期待は大きい。

 モズアスコット(栗東・矢作芳人厩舎、牡4歳)は、破竹の4連勝でオープン入りし、阪神C4着、阪急杯2着と好走。重賞でともに1番人気ながら勝利を挙げられなかったが、さすがの末脚を示した。京都は1戦1勝、1600メートルも2戦2勝だが、1400メートルの前走でも少し掛かっていたように、折り合いがポイント。道中スムーズなら、重賞タイトルに手が届く。

ブラックムーン(栗東・西浦勝一厩舎、牡6歳)は、前走の京都金杯で重賞初制覇。それまでの直線勝負一辺倒と違い、勝負どころで早めに動く内容で、競馬の幅を広げた。もともと、3走前のマイルCSでも0秒3差(6着)に善戦していたが、6歳にしていよいよ脂がのってきた印象だ。ここ3戦続けて最速の上がりをマークするなど、決め手はメンバー随一。マイル6勝、京都3勝はともにメンバートップタイで、実績ほど力は見劣らない。

 ロジクライ(栗東・須貝尚介厩舎、牡5歳)の充実ぶりも目を見張る。約2年ぶりの実戦だった4走前こそ7着に敗れたが、その後はマイルで2、1着の成績を残してオープンに再昇級。前走の六甲Sは2着に0秒3差をつける完勝だった。京都コースはシンザン記念Vを含めて【2・1・0・0】の好相性。成長力のあるハーツクライ産駒で、今の勢いなら一気にGI実績馬を撃破しても不思議はない。

ダッシングブレイズ(栗東・吉村圭司厩舎、牡6歳)は、昨年のエプソムC勝ち馬。その後は休養が長引いたが、8カ月ぶりの実戦だった小倉大賞典を4着、金鯱賞で5着と上々の走りを続けている。今回は走り頃の叩き3戦目で、全7勝中6勝を挙げる1600メートル。オープン特別の洛陽Sを勝った京都マイルで期待は膨らむ。

ヤングマンパワー(美浦・手塚貴久厩舎、牡6歳)は、昨年の3着馬。GIでこそ2桁着順が続くが、GII、GIIIでは安定した内容が光る。5カ月ぶりの臨戦は過去最長となるが、早めに栗東トレセンに移動して順調にきており、一昨年10月の富士S以来の重賞4勝目へ陣営も調整に余念がない。

 その他、2015年シンザン記念優勝実績があり、ここ3戦はオープン特別でいずれも2着のグァンチャーレ(栗東・北出成人厩舎、牡6歳)、前走の東京新聞杯で0秒3差(7着)のベルキャニオン(美浦・堀宣行厩舎、牡7歳)あたりも展開次第で好勝負が望めそうだ。

■過去10年の傾向から

☆人気 3番人気が【4・1・2・3】と活躍。1番人気は【2・1・2・5】でまずまず。逆に2番人気は【0・1・1・8】と不振。

 ☆前走距離 1600メートル組が【4・5・7・74】でリード。1800メートル組が【3・2・1・18】、2000メートル組が【3・0・0・12】。これ以外の距離からの優勝なし。

 ☆世代 5歳が【4・2・5・28】でやや優勢。4歳が【2・4・2・43】、6歳が【2・2・2・32】で続く。

 結論 ◎ブラックスピネル ○エアスピネル ▲プロディガルサン

■レース展望

昨年からマイルの距離とルメール騎手を主戦としてから抜群の安定感を見せる11イスラボニータ。昨年12月阪神カップ以来の休養明けで目標は安田記念も、57キロで相手関係からしてもセントライト記念以来の勝利はほしいところ。

 超スローからの究極の上がり勝負と、後から見れば凡戦とさえ言われる東京新聞杯からは上位3頭が出走。

 勝った8ブラックスピネルが超スローで逃げたことがこのような展開になったわけですが、鞍上デムーロ騎手はこのレースは逃げないと言っていますがどうか?差し比べになると弱さが見えるだけに展開が気になるところ。

前走2000mの金鯱賞を使われた2着7プロディガルサンは、マイルを主戦にすれば良いはずと思わせるローテ。ここは前走の影響と川田騎手の乗り替わりの影響がどこまであるか。

 上がり32.3でも3着だった4エアスピネル。また1番人気を背負っていただけに厳しかった展開。ここはイスラボニータがいるだけに人気は分散されますから、改めてマイルの適性が問われるところ。

 昨年の富士Sでイスラボニータを破っている6ヤングマンパワーは、東京新聞杯6着。前走のような展開にならなければ見直しも必要。

 人気薄手構想するなどいつ走るかわからない?1サンライズメジャーや8歳馬ながら堅実な走りを見せる3フィエロなど伏兵も多彩。

■イスラボニータ 持ったまま伸びた1F12秒5

14年皐月賞馬イスラボニータが圧巻の走りを披露した。Wコースでトウショウスレッジ(4歳500万)を5馬身追走。直線入り口でもまだ前とは2馬身あったが、手綱を押さえたままで内からグイッと伸びて半馬身先着。5F68秒2〜1F12秒5(馬なり)。トップスピードに乗ってからの迫力はさすがG1馬だ。栗田博師は「いい動きだった。精神的にもどっしりしてきた。これだけじっくり乗り込んだのは初めて。メッキではなく、本物の息ができている。昨年のことは、拭い去りたいからね。2着、3着はいらない。結果を出したい」と気合を入れた。

■ブラックスピネル、今回は「ハナはない」

1週前追いは重たい馬場に脚を取られて平凡な時計に終わったブラックスピネルだが、音無師は仕上がりに胸を張る。「体はほぼできている。長距離輸送がない分、体重は少し増えるかもしれないけど、(太め残りだった)3走前みたいなことはないよ」と涼しい顔。

 前走は押し出されて逃げたが、今回はどうか。「逃げ馬にしたくないし、ハナはないんじゃないか。瞬発力のある馬だし、実際に金杯でも差してきているからね」と展望した。 【

■17年出走馬情報

実績最上位は2014年の皐月賞馬イスラボニータ(美浦・栗田博憲厩舎、牡6歳)だ。同年のセントライト記念を最後に約2年7カ月も勝ち星から遠ざかっているが、昨秋のマイルチャンピオンシップ2着など、力の衰えは見られない。京都のマイル戦に関しては一昨年のマイルCSでも3着と好走しているように舞台適性も上々。阪神C2着以来4カ月ぶりのレースだが、順調に乗り込まれており、共同通信杯、セントライト記念を休み明けで制覇し、4カ月半ぶりだった昨秋の富士Sも2着に入っている。今回も好勝負が期待できそうだ。

昨年、皐月賞4着、ダービー4着、菊花賞3着とクラシックで好走したエアスピネル(栗東・笹田和秀厩舎、牡4歳)は、マイル路線に転向し、京都金杯を制覇。続く前走の東京新聞杯はスローペースの前残りで届かず3着に敗れたが、上がり3ハロン32秒3という強烈な脚を発揮した。前走から1キロ減となる56キロも有利で、巻き返しの可能性は十分ある。

 ブラックスピネル(栗東・音無秀孝厩舎、牡4歳)は京都金杯で2着だったが、東京新聞杯を勝ってエアスピネルとは1勝1敗。差し切れなかった京都金杯とは逆に、前走ではスローの逃げに持ち込んで勝った。脚質に幅が出たのは大きな武器になりそうだ。

フィエロ(栗東・藤原英昭厩舎、牡8歳)は重賞勝ちこそないが、14、15年のマイルCS2着馬。マイラーズCも14年から3年連続で出走し、2、3、4着と上位に入っているように、京都のマイルは得意の舞台だ。8歳となったが、京都金杯は57.5キロのトップハンデを背負って3着。続く前走の高松宮記念でも初のスプリント戦ながら、出遅れから巻き返して5着まで追い上げたように、年齢の衰えはまったく感じさせない。

東京新聞杯でブラックスピネルとエアスピネルの間に割って入ったのがプロディガルサン(美浦・国枝栄厩舎、牡4歳)。逃げ切ったブラックスピネルを捕らえられなかったのは仕方ないとして、上がり3ハロン最速の32秒0でエアスピネルに競り勝ったのは評価できる。前走の金鯱賞は距離が延びたぶんか、力み気味の走りで7着に敗れたが、勝ったヤマカツエースとは0秒3差。マイルでスムーズに流れに乗れば、変わっていい力がある。

1番人気に支持された昨年の東京新聞杯で内ラチに激突して競走を中止したダッシングブレイズ(栗東・吉村圭司厩舎、牡5歳)は、その後なかなか結果を出せなかったが、前走の洛陽Sを快勝して復調をアピール。歯車さえかみ合うようになれば、能力は今回の相手でも通用する。

 昨秋の富士Sの覇者ヤングマンパワー(美浦・手塚貴久厩舎、牡5歳)も争覇圏内。昨年の覇者クルーガー(栗東・高野友和厩舎、牡5歳)も出走予定だが、骨折による戦線離脱が長引いて1年ぶりの実戦となる。中間の動きはいいが、昨年以上のメンバー構成だけに、分の悪さは否めない。

■エアスピネル淀に自信!出来にユタカ好感触

エアスピネルは前走・東京新聞杯3着後、そのまま宮城県の山元トレセンに移動。リフレッシュして帰ってきた。

 中村助手は「先週の追い切り(坂路4F54秒7〜12秒5)は武豊さんに乗ってもらいました。落ち着きがあって反応も良かった、とのこと。順調ですよ」と好感触。「前走はスローペースの決め手勝負で、よく脚を使ってくれたと思います。どこの競馬場に行っても落ち着いているけど京都は軽い芝と坂の下りでスッと動けるのがいいのかも」とみていた。

■1番人気フィエロ4着…鮫島良「位置取りの差」

1番人気フィエロは道中後方の位置取りも、上がり3Fはメンバー3位の34秒3にとどまり4着に終わった。鮫島良は「すみません。もう少し流れると思ったんですが…。位置取りの差が全てです」と肩を落とした。

 藤原英師は「しまいはしっかり足を使ってるけどな。仕方ないが、人気してたしファンには申し訳ない」と語った。次走の安田記念(6月5日、東京)で反撃を期す。鞍上はM・デムーロの予定

■クルーガーが来た~ 重賞初制覇!

4月24日の京都11Rで行われた第47回マイラーズC(4歳上オープン、GII、芝1600メートル、15頭立て、1着賞金=5900万円)は、松山弘平騎手騎乗の3番人気クルーガー(牡4歳、栗東・高野友和厩舎)が最内から伸びてV。重賞初制覇を決めた。タイムは1分32秒6(良)。

クルーガーとテイエムイナズマが若干遅れてスタート。じわーっとクラレントとアルマワイオリが先頭を伺うが、外からサンライズメジャーがハナへ。ペースは上がらず馬群が固まったまま4コーナーを通過する。直線では横に広がっての追い比べとなり、内から一旦クラレントが抜ける。しかしその外をダノンシャーク、内の狭いところをクルーガーが接近。手に汗握る接戦を制したのはクルーガーだった。

クビ差の2着にはダノンシャーク(5番人気)。さらに半馬身差の3着にクラレント(11番人気)が入っている。1番人気のフィエロは外に進路を取り、3着から1馬身3/4遅れた4着に敗れた。

 クルーガーは、父キングカメハメハ、母アディクティド、母の父ディクタットという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、(有)キャロットファームの所有馬。通算成績は11戦5勝。重賞初制覇。高野友和調教師、松山弘平騎手ともにマイラーズCは初優勝。

 優勝したクルーガーは安田記念(6月5日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権を獲得した。

■レースの展望

1 2 3