1. まとめトップ

うつ病は砂糖が原因!?砂糖断ちであなたは変わる!

お菓子を中心に、いろいろな食品に含まれている砂糖。この砂糖が体に大きな害を及ぼしているのは知ってますか? この砂糖の害をしっかりと認識して、砂糖断ちを実践するならば、あなたの体と心は大きく変わっていきます。

更新日: 2016年07月29日

1 お気に入り 5485 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

basquiat1988さん

砂糖があなたの人生を狂わせているかも!?

白砂糖は万病の原因

アトピーなどアレルギーはもちろん、冷え性、頭痛、肩こり、貧血、便秘、虫歯、胃潰瘍、糖尿病、心臓機能低下、子宮異常、静脈瘤などや、恐ろしい難病と言われるようなもののほとんどが、砂糖病なのです。

白砂糖は体の中のカルシウムを奪う

白砂糖は、カルシウムがほとんど含まれていないので、必要なカルシウムは体内の骨や歯を溶かして供給されます。これが甘いものを摂ると虫歯になったり骨が弱くなる理由です。

白砂糖で怒りっぽくなる

砂糖は体内のカルシウムを破壊するためイライラしてしまう働きがあり、砂糖を摂取する度に怒りっぽい性格に。特に0歳から12歳の子どもに砂糖を多く含む食べ物を与えると、将来的にイライラと怒りやすい性格に育ち、身体も太った大人になる可能性が高くなる。

うつの原因にも

精神的にも我慢ができず、イライラし、きれやすい。不眠やうつ病なども基本的には砂糖の害です。

白砂糖には、ビタミンやミネラルが含まれていません。 糖類は、体内で分解される時にビタミンB1が必要となり、そのため、ビタミンB1の摂取量が少ないと欠乏症を起こし、鬱、疲労、眩暈、貧血、頭痛、浮腫、湿疹、脂肪肝、心疾患、呼吸器病、記憶障害といった様々な症状を招いてしまいます。

白砂糖は中毒になる

甘いものを食べるとα波になりエンドルフィンといった脳内モルヒネが放出され、脳の快感中枢が刺激され、幸せな気分に浸れるのです。そして、白砂糖中毒という麻薬的な常習性をもたらすのです。

どうしても甘いものが食べたい場合は?

甘味料を利用する場合は、蜂蜜、黒砂糖、甜菜糖、椰子糖、本味醂、玄米甘酒、玄米水飴、ヤーコン・シロップ、メープル・シロップ、アガヴェ・シロップを少量使うようにしましょう。

東洋医学の世界では、白砂糖は陰性食品に分類されますが、黒砂糖は陽性食品に分類されます。沖縄県には「黒砂糖は命を延ばすが、白砂糖は命を縮める」という古くからの言い伝えがあります。

『てんさいとう』や『黒砂糖』、『ダークメープルシロップ』なども砂糖の代わりの甘味料として使えます。

関連まとめ

1