1. まとめトップ

(ジブリ)知ってるともっと楽しめる魔女の宅急便のあれこれ

スタジオジブリ作品 誰もが知ってる人気作品のひとつともいえる魔女の宅急便13歳になって魔女になる修行へと旅立ったキキと猫のジジの物語

更新日: 2016年04月19日

1 お気に入り 3023 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

rarapapapaさん

あたしこのパイきらいなのよね

おばあちゃんが孫のために作った
ニシンのパイ

せっかくおばあちゃんが孫のためにと一生懸命作ったのに、、、、ひどい一言・・・だなんて思いますよね。。

だけどそのニシンのパイ・・孫が嫌うのもわかる気が・・・・・

これがニシンのパイの現実・・・・

これは・・・・・・・ちょっと・・・・・

「ジジの声はもともとキキ自身の声で、キキが成長したためジジの声が必要なくなった。変わったのはジジではなくキキ。」

ジジが話せなくなった理由。実は話せなくなったわけではないのです。。これは宮崎駿監督自らの言葉です

なんと!あの人まで登場してる!!!!

終盤にキキがデッキブラシに乗って空を飛び、トンボを救出するシーンがあります。
この様子はテレビ中継され、たくさんの野次馬がテレビの前で息を飲んで見守っていました。

そんな中、一人の男性が野次馬の中で「あのデッキブラシ、わしが貸したんだ」とセリフを発するシーンがあります。
実はこのシーンに宮崎駿が出演しているのです

なんとあの宮崎駿監督が登場しているのです

原作には続きが!キキとトンボのその後の恋・・・・

5巻の最終章では20歳の誕生日を迎え、昆虫のことしか念頭にないトンボが、ついにキキとの愛を再確認、その2年後のキキが22歳の時に2人はようやく結婚するのです。

キキとトンボは結婚するのです!

ジジのその後は??

白猫と結婚して18匹の子どもを設けて幸せにたくましく暮らしているのでした。

ジジも幸せになったのですね!

そうだったんだ!!!キキと名探偵コナン!!!!

代表作は『魔女の宅急便』(キキ、ウルスラ)、『忍たま乱太郎』(猪名寺乱太郎)、『名探偵コナン』(江戸川コナン)、『クレヨンしんちゃん』(本田ケイコ)、『ドラえもん』(スネ夫のママ)[1]。

キキの声の声優さんの高山みなみさん、他に名探偵コナンの江戸川コナンやドラえもんのスネ夫のママの声もされていたんですね!

1