1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「僕のヤバイ妻 」相武紗季の悪女・愛人感がはまり役だった

伊藤英明主演のドラマ「僕のヤバイ妻 」が4月19日にスタート。相武紗季の悪女・愛人がハマリ役と話題になっています。元は笑顔の似合う女優だった相武紗季。すっかり濡れ場もできる大人女優へと進化を遂げました。自分のポジションを確立した感もあり、これからも末永く活躍しそう。

更新日: 2016年04月20日

9 お気に入り 151784 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yuyu170823さん

■ドラマ「僕のヤバイ妻 」4月19日(火)にスタートした

時間:フジテレビ系/火曜日/22時
キャスト:木村佳乃、相武紗季、佐藤隆太、キムラ緑子、高橋一生、佐々木蔵之介、浅香航大 他
脚本:黒岩勉(過去作/ようこそ、わが家へ)
原作:なし

伊藤英明が主演の4月期の連続ドラマ『僕のヤバイ妻』(関西テレビ・フジテレビ系)が4月19日(火)放送スタート

不倫相手と共謀し、女優の木村佳乃さん演じる妻を殺害しようとする役どころで、夫が知らない妻の恐ろしく“ヤバイ素顔”も描かれる

脚本を手掛けるのが「ストロベリーナイト」や「謎解きはディナーのあとで」を手がけた黒岩勉さん

■ドラマで不倫相手を務めるのは女優の相武紗季(30)・・・高校生の2003年に女優デビューをしている

女優デビューは2003年の「WATER BOYS」(フジテレビ系)。新人ゆえヒロインではなく端役なのですが、ボーイズたちを指導して怒鳴りまくる大変印象的な女子シンクロ選手役でした

相武紗季のお姉さんは実はタカラジェンヌの音花ゆり。また相武姉妹の母親も、宝塚OGの朱穂芽美(第62期生、星組娘役)として知られている。

■この悪女っぷりが素晴らしいと話題になっている

手つき、大きめの目が引き立つその表情

相武紗季って悪女っぽい役似合うよな… それが良いんだけども。

最初から相武紗季濡れ場で相武紗季の公式Twitterのフォロワーがぐんぐん増えてくのじわる

僕のヤバイ妻見てたら相武紗季の急な濡れ場で私ひとりが狼狽えて逆に恥ずかしい

■元々はイメージとしては大き目エクボに笑顔の似合う女性だった…CM好感度ランキングで1位ととったことも

相武紗季さんと言えば、やはりそのチャーミングな笑顔と、コロコロ変わる豊かで魅力的 な表情

昨年矯正した八重歯もチャームポイントの一つだった

キュートなえくぼと健康的な小麦肌が魅力な相武紗季さん。可愛らしさとボーイッシュさを 併せ持つ

「よるドラシリーズ」新規作品最終作『どんまい!』(NHK総合)で連続ドラマ主役を初めて演じ、以降「CM女王ランキング」などに名を連ねる

2006年には相武紗季出演のCMが、CMデータバンクによる好感度調査で2位のキムタクをおさえ、第1位に輝いていたこともある

日本航空(JAL)「先得割引」のCM

■今ではすっかり悪女の似合う役柄に...13年歳月でここまで変化した相武紗季

相武紗季、がんばっていきまっしょいの時は可愛いJK役だったのに、今やってるドラマじゃ不倫相手の妻殺す為に、薬物渡す役だし諸行無常を感じる

■特に近年多い悪女役…そのはっきりした顔立ちから気の強い悪女がすっかり似合うようになった

1 2