1. まとめトップ

バットや金づちで殴られた様な痛み!?くも膜下出血とは。。。

脳卒中、脳梗塞とまとめてきましたが、今回はくも膜下出血です。よくニュース等で耳にしたりしますが案の定知らないことだらけなので、今回はくも膜下出血を取り上げたいと思います。

更新日: 2016年04月20日

3 お気に入り 5302 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

働き盛りに多い?くも膜下出血

クモ膜下出血とはクモ膜下腔(脳の表面は、軟膜・クモ膜・硬膜という3層構造で出来ており、クモ膜と軟膜の間の空洞部をク モ膜下腔といいます)が出血した病態の総称をさします。

発症するとおよそ3分の1の方が死亡し、3分の1の方が障害を残しますが、残り3分の1の方は元気に社会復帰することができます。

くも膜下出血は働き盛りに多いそうです。

このくも膜下出血は中年以上の人では脳の動脈にできた脳動脈瘤、若い人では生まれつき持っている脳動静脈奇形(AVM)というものが破裂し、出血して起こるものです。

突然死のケースも!?くも膜下出血の前兆は?

基本的にクモ膜下出血は、何の前触れもなく発症時に症状が現れるとされているため突然死としても有名な病気でもあります。

くも膜下出血は、脳を包むくも膜の内側の血管で起こる出血です。多くの場合、血管に動脈瘤(どうみゃくりゅう=コブ)ができ、そこに圧力が加わって破裂することで起こります。

動脈瘤がなぜできるのかは、まだよく分かっていませんが、血管の弱い部分(分岐部など)にできやすい傾向があります。

くも膜下出血は突然死としても有名な病気!!

しかし、脳動脈瘤や脳静脈奇形により脳神経や脳組織が圧迫されるため、数日前からの血圧の乱れ、違和感のある頭痛やめまい、吐き気やおう吐、けいれんといった症状が前兆としてみられることがあります。

もともとクモ膜下出血の危険因子(喫煙・高血圧・高コレステロールなど)がある方や、上記の前兆が少しでも見られた場合は、すぐにかかりつけの病院などで受診することをお勧めします。

バットや金づちで殴られた様な痛み??

バットで殴られたような痛みがあるとか。

くも膜下出血は突然の頭痛で発症します。この頭痛は今まで経験した中で一番痛いものです。後頭部をハンマーで殴られたような痛みと表現する人もいます。重症の場合は大声で叫び、倒れてそのまま呼吸が止まってしまう場合があります。

こういった重症例は15%ぐらいと考えられます。この場合、すぐにマウスツーマウスで人口呼吸をすれば意識が戻ってくる可能性がありますが、実行された例はほとんどありません。

くも膜下出血で呼吸が止まった場合すぐに人工呼吸を!!

また、吐き気やおう吐、意識を失うなどといった症状を伴うことが多いです。

出血や部位によっては軽い症状で済むこともありますが、後遺症が残ったり最悪の場合そのまま死に至るケースもあります。

くも膜下出血の後遺症は?

後遺症は、くも膜下出血によって脳の障害を受けた部位によって異なります。(脳出血・くも膜下出血・脳梗塞の後遺症は共通しています。)

くも膜下出血の治療

破裂脳動脈瘤によるくも膜下出血の治療は、脳動脈瘤の再度の破裂による再出血を防ぐことが最も重要です。再出血は、初回出血から24時間後、あるいは1-2週間後といった早期に発生することが多いと報告されています。

また、初回出血時は軽症でも、再出血を来すと死亡率は高く、命が助かっても重篤な後遺症を残す場合も多くなります。

その方法は、開頭による脳動脈瘤クリッピング術、または脳血管内治療による脳動脈瘤塞栓術の2通りあります。どちらの方法がよいかは、患者さんの年齢・状態・合併する疾患や、脳動脈瘤の大きさ・部位・形等によって異なります。施設によってもどちらの治療を得意にしているかが異なります。

手術方法は患者の年齢、状態等で異なるそうです。

予防したい!!くも膜下出血

1 2