1. まとめトップ

出産のお祝いに対するお礼はこれでチェック♪出産内祝の基本はこれ♪

おめでとう!と、親族やご友人、会社の方々より祝福の声とお祝いのお品物が贈られる出産祝い。もちろん貰って終わりはNG、感謝の気持ちを頂いたら、返さなくちゃいけませんよ?初めてでもわかりやすくまとめてみました!

更新日: 2020年03月31日

1 お気に入り 633 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hiro6210さん

出産内祝とは??

赤ちゃんの誕生を喜び、祝う『出産祝い』のお返しが『(出産)内祝』となります。
もともとは、生まれた喜びを、親族や近所の方へ配る自家のお祝いの行事でしたが、出産祝でお品物をもらった方に、お返しとして贈るのが近年では一般常識となっております。

準備するまでの期間は??

出産後は予想以上に多忙!早めの準備が成功のカギ!?
内祝いをお届けするまでに、どんなことをしなくてはいけないか整理してありますか。 出産前は赤ちゃんの準備ばかりに気持ちが集中しがちですが、内祝いについてもできることは済ませておくと、 産後にあわてることがありません。

具体的な商品選びまで考えておくとスムーズ
妊娠8ヶ月  内祝いギフトの候補選びをする
妊娠9ヶ月  住所の整理。結婚祝いをいただいた方や年賀状をもとに住所録を整理しておくと、内祝いを贈るときにスムーズです。

贈る時期とタイミングは??

出産内祝いを贈る時期は、正式にはお宮参りの頃(生後1ヶ月頃)です。
ただ、近年は頂いた出産祝いのお返しとして出産内祝いを送るケースがほとんどですので、 産まれて1ヶ月頃までにお祝いを貰った方へのみ1ヶ月頃にまとめて内祝いを送り、 遅れてお祝いをくれた方にはその都度、内祝いを送るというのが実情のようです。
生後半年以上経ってから「出産内祝い」が送られる事も珍しくありません。 (遅れてお祝いを頂いた場合)

贈る相場はどのくらい?

いただいたお祝いの品の半額程度を目安にお返ししましょう。
親戚や目上の方からいただいた場合や、高額な場合は1/3程度でも大丈夫です。
大切なのは、あくまでも「ありがとうという気持ちなので、金額にとらわれず心のこもった品を贈ることを心がけましょう。
ただし、自分が頂いたものより高価なものは、マナー違反になる恐れも!
特にマナーに厳しい50代以降の方々から反感を買う可能性もあるため避けた方が吉でしょう。

ワースト1は、「自分が贈ったお祝いより高価なものをもらった」という場合。贈り手が感謝の気持ちを伝えようと、良かれと思って高価なものをセレクトしたとしても、喜んでくれる方ばかりではないようです。

贈る際の注意点は?

準備期間、贈る時期、相場で選んでも、ただ贈り返すだけではNG!
お受け取りになられる方が、『何に対する贈り物なのか』が分かるように、のしやカード、挨拶状を付けるが疎かになりやすい重要ポイントです。
せっかくの感謝の気持ちが、台無しにならないように要注意!

「お返し」という言葉はタブー

「お返し」は、「もらったから返す」と読み取られるおそれがあります。お礼状やメッセージに「お返し」という言葉は避けて、「ささやかですが心ばかりの品をお贈りさせていただきます。」などとします。もしくは、贈り物については何も書かず、お祝いをいただいた事への感謝の言葉と「今後ともよろしくお願いいたします。」の挨拶にとどめたほうがよいでしょう。

赤ちゃんの写真を添えるのはごく親しい身内のみに。

先様は、赤ちゃんが欲しいのに授かることができない方もいらっしゃるかもしれません。そうでなくても家庭の事情などで、赤ちゃんの写真入りのカードは気持ちに負担をかけてしまうかもしれません。出産はうれしい事だからこそ、受け取る先様の気持ちにも配慮したいもの。写真入りのカードは、ごく親しい身内のみに添えるのが望ましいです。

贈るものは何がオススメ?

当然ですがまずは、不幸を連想する物(刃、櫛、ハンカチなど)はNG!
また、趣味に合わない雑貨など、消化しきれない物は、処理に困る方も多いので要注意です。
そして、贈る方に人気な、写真入りや、名前入りのギフトは、両親など近しい間柄では喜ばれますが、それ以外の方では、重荷になってしまう点も注意しましょう。

・50代以降にオススメ!

50代以降になると、子供も既に自立している方々も多く、洋菓子などスイーツの盛り合わせをもらっても手に余る事が多いそうです。
ご返礼として一番角が立たないのがお送り先の方々が自由に選べるギフトカタログでしょう。
特に、体験型や、食べ物、雑貨などカテゴリーの種類が多ければ多いほど、お受け取りになられた方の趣向に合う物がきっと見つかるはずです。
あとは、意外と貰って嬉しい人が多い商品券ですが、贈る金額がハッキリ分かってしまうデメリットも。もし贈る場合は相手との関係を今一度見直してからお送りしてみて。

・20代~40代にオススメ!

この年代の方達にもギフトカタログは根強い人気ですが、家族などで食べたり飲んだりして消費でき、男女を問わずスイーツなども人気。
また、小分け出来る分だと、一気に食べる必要もないので相手に負担もかからないのでオススメです。
とはいえ、ダイエット中など内緒で分からない点な不安もあるかもしれません。
そういったシュチエーションでも、年代問わずお贈りできるこだわりのギフトはこちら

1