1. まとめトップ

視力回復に使えるアプリ、小さな事から始めてみよう!!【iPhone、Android】

スマホやPCなどで視力大幅に落ちた人もいると思います、それに伴い視力回復アプリが増えてきたので紹介します。また効果があるのかなどの話。

更新日: 2016年04月20日

3 お気に入り 3454 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

多くの視力回復アプリが増えてきたのでおすすめのものを紹介します。

少しずつ視力回復を戻しましょう!!

1,視力回復トレーニング

いわゆるステレオグラムという画像を立体視することで視力回復を目指すというシンプルなアプリ。立体法と交差法の2種類が用意されています。はじめてという方のために文章でやり方も説明しているので、説明通りに始めてみましょう。

基本は、3分か5分画像を見つめるだけでOK。
時間はアラームでお知らせしてくれるので、時間を気にせずリラックスしながら見るのがコツです。アプリさえあれば場所も時間も選びません。毎日ちょっとした隙間時間にトレーニングにして視力を少しずつ向上させましょう。

ステレオグラム画像を立体視することで視力回復を目指すアプリ。1回につき3分間、画像を見るだけでOK。アラーム機能付きなので、時計を気にせず集中できます。試して4週間で、視力が0.6から1.2まで回復した人も!

レビューにもいろいろと書いてありますね。

確実に眼の周りに筋肉がついて少しづつ見えるようになってきている。

これは良さそう まだトレーニング二日目ですが、今日気がつくと老眼鏡かけていないのにスマホの画面が読めていました。とてもうれしい!続けてみます。 アラームが一回ごとにリセットされてしまうようなので、そこが改善されればさらに便利だと思いました。

2,視力ケア アイトレ3D

このアプリは、楽しく手軽に目を鍛えることができるアプリです。まずは、「交差法トレーニング」を試してみてください。普通に見るとただの柄のようですが、寄り目で見てみると画面から何かが飛び出したかのように見えてきます!何が出てくるかは、試してみてからのお楽しみ♪

ふむ、なるほど、落ちてしまった視力を戻すことは難しいけど、それ以上悪くなることを予防するには効果がありそうですね。人によっては視力回復にも効果が期待できるものなのかもしれません。

こちらのアプリも人気のアプリなので一度試してみてもいいと思います。

3,視力回復メゾット (iOSのみです)

あなたの目、疲れていませんか。職業柄PC画面を長時間視るという方、スマホ画面をよく見るという方、ドライアイに悩まされる方。現代人の環境はどうしても目を酷使してしまいがち。『視力回復メソッド』は疲れた目をほぐし、落ちてしまった視力を戻す事を目的に作られました。足腰が弱ったらウォーキングなどのトレーニングをするように、視力の低下に対しても目の筋肉のトレーニングをしましょう。程よくほぐれると目の疲れがとれていきます。

とりあえず有名なアプリを紹介させていただきました。ただスマホを見て視力回復するのかという疑問もやはりあります。

そもそも視力低下は目の筋肉の衰えが原因です。ステレオグラムを活用して、ピント調整を行うことで低下した目の筋肉を鍛えたり、緊張をほぐしたりしようというのが3D視力回復アプリの狙いです。
しかし、アプリのレビューなどを見ていると「効果がなかった」という声が多い様です。

まったく効果がないわけではない様ですが、3D視力回復アプリは劇的な視力回復にはつながらない様です。

実際の効果はというと、アプリのレビューには効果がまだ見られないといった書き込みが多く、劇的な改善をしたという例は見られない。福岡にて視力回復センター「アイトレーニング視快研」を運営する出口隆氏のブログによると、ステレオグラムの本でトレーニングをしても視力が向上しなかったという人のほうが多く、視力回復アプリに視力回復効果はあまり期待できないという。ただ、ステレオグラムを利用した視力回復アプリには、目と脳のリラクゼーション効果は認められるという。

視力回復するかは人によりけりになってしまいますね。ただ目を動かすということは目にとって良いので少なからず効果はあると思います。
一度試してみて何も感じなければ、アプリではなく別の方法で改善に向けていけば良いと思います。

ここまで見て頂きありがとうございました。

1