従業員500人以上、世界40カ国に拠点を持ち、世界の大手金融機関と提携するモサックは、世界の要人や富裕層、企業など約21万もの顧客に租税回避のサービスを提供している。

出典パナマ文書、なぜ米国の政治家や富裕層の名前が「ない」のか? | ビジネスジャーナル

タックス・ヘイブン(租税回避地)に強い「世界の五指に入るペーパーカンパニーの卸売問屋」

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

楽天三木谷社長の名前も…パナマ文書でわかった租税回避の実態

5月10日、21世紀のパンドラの箱とも言えるパナマ文書が公開された。世界の指導者や有名人の名前が取り沙汰される中、日本の有名企業の名前も。日本ではあくまで合法だが、租税回避に仕組みに納得いかない人は多い。

このまとめを見る