ソフトバンクのグループ会社や伊藤忠商事、丸紅などの名前を含んでおり、実態が不透明なタックスヘイブンを日本企業が幅広く利用していることが明らかになった。

出典パナマ文書、21万社の情報公開=ソフトバンクや伊藤忠の名-国際報道連合:時事ドットコム

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

楽天三木谷社長の名前も…パナマ文書でわかった租税回避の実態

5月10日、21世紀のパンドラの箱とも言えるパナマ文書が公開された。世界の指導者や有名人の名前が取り沙汰される中、日本の有名企業の名前も。日本ではあくまで合法だが、租税回避に仕組みに納得いかない人は多い。

このまとめを見る