タックスヘイブンは税率が低いほか、法人設立手続きが容易とされ、多くの企業が節税以外の目的でも利用している。日本では利用者が適切に所得などを申告すれば、脱税に当たらない。

出典パナマ文書、21万社の情報公開=ソフトバンクや伊藤忠の名-国際報道連合:時事ドットコム

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

楽天三木谷社長の名前も…パナマ文書でわかった租税回避の実態

5月10日、21世紀のパンドラの箱とも言えるパナマ文書が公開された。世界の指導者や有名人の名前が取り沙汰される中、日本の有名企業の名前も。日本ではあくまで合法だが、租税回避に仕組みに納得いかない人は多い。

このまとめを見る