孫正義氏「子会社や孫会社、ファンドなどによって、2000社近い会社を設立・投資しており、その中でたまたま2社、金額にして2件で2億6000万円(1社目が6000万円、2社目が2億円)ほどの投資が行われた。」

出典孫正義氏、節税対策を否定--パナマ文書に「たまたま2社入っていた」 - CNET Japan

「いまは節税よりも仕事の方が忙しい」と否定した。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

楽天三木谷社長の名前も…パナマ文書でわかった租税回避の実態

5月10日、21世紀のパンドラの箱とも言えるパナマ文書が公開された。世界の指導者や有名人の名前が取り沙汰される中、日本の有名企業の名前も。日本ではあくまで合法だが、租税回避に仕組みに納得いかない人は多い。

このまとめを見る