1. まとめトップ

賃貸マンション注意と危険

賃貸マンションの選び方と一人暮らしの憧れ。
一人暮らしをこれからやろうとしている人はなるべく資金調達に困ることはあるはずです。
学生のころからの憧れである賃貸マンションでの一人暮らしや社会人になってからの一人暮らしですがイメージはどんなイメージでしょうか。
私は隣人の騒音対策のプロです。
騒音対策としてプロの力と自信をもっていて自称ですが本当に騒音には詳しいほうだと思っています。
隣人とトラブルになったり騒音で問題になるときは必ずと言っていいほど夜間の時間帯を狙われます。
一人暮らしをすると人格が変わるとか突然雰囲気を変えているとかの話をよく聞きます。
それだけ部屋の中と外では自分の感じる空気の差が大きいのでしょう。
時間が来て部屋に帰ったら隣の部屋の人がうるさいとかとても物音を大きく出しているとかの例です。
壁に向かって叩いたり大きな声で歌ったりしていることがあります。
その場合には必ず騒音による被害感を受ける可能性があります。
対策としては「防音システム」と「プライバシー」の2つが整ったマンションや一人暮らしを選ぶ方が絶対に安全です。
防音施行は後からすると大変なお金がかかります。
お金のことを考えると先に準備されている建物(物件)を選んでください。
最初から安全な防音施行が行われている場所を選んで楽しいシングルライフを満喫しましょう。
賃貸マンションの物件については注意することが山ほどあります。
注意しなければいけないのが騒音と周囲に住む人間です。
危険な場所にないか、ひとり暮らしだけど安全なのか?というような感じの不安を抱く人が多くいると思います。
騒音に気をつけて身を守れるような場所・サービス・警備通報システム・管理人が備わっている場所を選ばないと私のような苦労をするかもしれません。
私は隣人の騒音と馬鹿みたいな嫌がらせに頭を抱えています。
本当に神経が参っています。
みなさんも、「騒音防止」と「プライバシー重視」で物件を選ぶようにしてください。

隣人と仲良くしよう!あなたの場合は大丈夫?

生活の拠点として賃貸マンションを使う人に2つの特徴があります。
1つは「事務所」として、もう1つは「生活用」としてです。
この2つは建物を自分の理想通りに使おうとする人とその対照的な使い方を求める人の差でもあります。
1つ目の事務所としての使い方ですがこだわりが強くて住居が痛むことから「事前に住所として使う契約」をしておきましょう。
内緒で事務所として使うと契約違反になってしまいます。
2つ目は私生活のために使うということです。
これなら普通の契約形態でも大丈夫です。
契約方法は2通りありますが1つの一般の住居として使う契約形態が一番一般的です。
どうしても事務所として使う場合には事務所としての使用を申請する書類に記入して届け出を済ませましょう。
注意していても契約書の内容は見落としがちです。
なるべく最後まで目を通してきちんと納得できる契約内容の物件を選んでください。
自分が住めると判断した普通の物件が一番安定していると思いますから自分が良いと感じた物を選んでください。
自分が住んでいて本当に安心できる物件とこれからの日常生活に問題もなく生活空間を維持できる場所を選ぶのです。
安全な賃貸ライフを送るために隣人との関係や周囲の人たちと「自分が仲良く出来るか」を考えることが最優先されます。
どんな物件も人と仲良く出来なかったり自分勝手で不規則な生活習慣(深夜に大音量で音楽を聴く)を持ち出す人はやがて住めなくなっていきます。

向き不向きを見極めよう!あなたは大丈夫?

一人暮らしを目指しているのに働かない人の例が目立ちます。
一人暮らしが出来ない若者が増えています。
理由はコンビニアルバイトだったり両親の自宅で生活しているという例です。
生活場所をなるべく静かで人通りの少ない場所を選択しますがあれは「間違い」です。
マンションや一人暮らしで人通りが無くて車も来なければ店舗も交番も無い場所を選ぶと何かあった時に助けを呼べません。
特に、自分の生活に強いこだわりがある人には不向きです。
まず「ひとり暮らしの向き不向き」を考えましょう。
不向きな例を紹介します。
例1:両親と実家暮らし(5?10年以上)
 2:フリーター生活(1?5年以上)
 3:負債が多い(消費者金融)
 4:子供が居る(小児)
この4つに該当する人で経済的収入が不安定で「定職」についていない場合は不向きです。
特にアルバイトで稼いだ貯金を元にして生活しようとすると推定1?2年以内に転居する計算になります。
向いている例は以下になります。
例:1:両親と別居(1年以上)
  2:定職(1年以上)
  3:負債が無い(過去0件)
  4:未婚・単身(シングル)
上記4つに相当する場合は一人暮らしが快適に遅れる条件だと思います。
これは向いている人の例です。
まずフリーターではないことが大きく影響しています。
低賃金で働いている人は長く続かないのが現実です。
他には負債がある場合です。
一人暮らしを考えていて賃貸を選ぶ前に「身の回りの状態」を観察して「向き・不向き」を見極めましょう。

物件の見学は大丈夫ですか?

賃貸マンションを選ぶために不動産業者と打ち合わせをしましょう。
メール相談や質問コーナーを利用して自分の希望や意見を送ります。
自分が希望する物件を相手に伝えたらしばらく返事を待ちます。
希望する物件が無くてもしばらく待つと新しく物件が解放される可能性があります。
諦めずに気長に探すようにしてください。
隣人・周辺の土地に自分に合わない建物(風俗・暴力団事務所・集会所)があったら先に除外リクエストに入れておきます。
私の場合は深夜風俗店舗とギャンブル施設・パチンコ店が近くに無い物件をお願いしています。
地図を見て近くに風営店舗・危険な施設があったらすぐに外しましょう。
なるべくひとりで生活していく中で自分の生活の支障にならない条件を選んでいきます。
そこが後の生活を送るために重要な要素になります。
最初の選び方だけで今後がすべて決まると思ってください。
適当に家を飛び出したいとか適当に住めたらいとかの理由で選ぶのは辞めましょう。
最初の物件選びでその後の人生が決まると思うぐらでいてください。
私が問い合わせたのは普通の賃貸雑誌の不動産です。
普通の賃貸カタログで見つけた物件の注文や問い合わせの時に希望を相手に伝えるようにしてください。
間取りや風景を事前に確認して自分が住めそうなところを先に見学して実際に確認します。
最初に10件分のリクエストを入れておいて自分の希望に街頭する物件がみつかったら不動産業者さんと随時一緒に見学に回るというものです。
1日あれあば5件は回れると思います。
なるべく回っていくことで写真との違いも見えてくると思います。
(必ず見学しましょう)

騒音で迷惑をかけるのは辞めましょう

賃貸物件の選び方は写真を見て間取りを確認して実地で見学することです。
しかし、住居の選び方には本人の性格やその後の日常風景を適切に守るための意味もあって自分が住んでいる場所が本当に安全なのかを考えたことはありますか。
例えば一戸建はセキュリティの面で危ないですからなるべく1ルームの賃貸マンションやアパートタイプを選ぶ方が生活面でもセキュリティをカバーできます。
自動車やバイクを停車させる駐輪場がありますけど駐輪代金が高い場合があるので気をつけてください。
今回は確かに必要とされる賃貸マンションの駐車場についてです。
駐輪代金が4500円の物件から1万円代の物件まであります。
自転車だけで3000円?5000円を支払う必要がある物件も存在します。
自分の予算で駐車料金を家賃と一緒に支払うのが無理なら乗物を利用するのは控えましょう。
自分の物件に乗り物を止めると安心ですが他の土地に停車させて料金をもらわずに生活する人もいます。
ただ、賃貸マンションはあまりお勧めではありません。
まず設備とその作りこみの様子です。
建築様式にもよって音が丸ごと聞こえてしまうことがあります。
全ての生活音が聞こえることになります。
特にそれは壁の向こう側の人の声や近所の人たちの生活音も全て聞こえてしまいます。
それがストレスになって生活できないと言う人もいますからなるべく注意しましょう。
本当に後で後悔しないようにするためには早めにストレスになりそうな原因を排除することです。
原因を排除することで快適な賃貸ライフを送ることができると思います。
特に仕事をして帰宅した時に発生する騒音・生活音は近隣の人に迷惑になります。
夜中の帰宅でドアの開け閉めが続くとイライラしますし、話し声だけでも迷惑です。
なるべく安全な物件を探しましょう。

騒音の隣人が居たら注意してください

騒音騒ぎを起こす住人や隣人が居たら要注意です。
本当に自分の好き勝手なことばっかり言っている隣人が上に住んでいました。
私の経験と体験ですが以前、わたしが住んでいた賃貸マンションの2階に引っ越してきた「暴走族グループ」の女性が一人いました。
そこで朝?夜まで騒ぎ、夜?深夜に2階から1階にかけて物を叩きつけたり叫んだり大声を出してわめいたりしています。
小さな6畳ほどのマンションですがそこで3?7人の男女暴走族グループが騒音とエントランスでの俳諧や大声による威嚇や破壊を繰り返します。
さすがに通報しましたが収まらずにさらにエスカレートします。
2階のベランダからは布団や毛布を投げ出したりゴミ袋を外に放り出したりします。
2階の窓の外側へゴミ袋を投げ出して1階の仲間に受け止めさせるという手口です。
こうした手口の嫌がらせや騒音トラブルは続けて起きています。
何度も注意しても繰り返しておきますし、自転車置き場も散々なことになっています。
自転車の空気チューブが抜かれていることもあります。
そんなことしか出来ない住人は大抵が「両親のお金」と「無職・学校行かない」で生活している人です。
最初に変な住人が住んでいないかを確かめてから入居のための準備をして物件を疑る気持ちで確認したほうが良いです。
こだわりの入居となりますけど実際に入居してから分かる事実もあります。
後になってから後悔するよりは早めにリスクを片付けるほうが得策です。

家賃や騒音トラブル

法的な措置を受ける前に家賃を自分の財布から支払う行為は認められます。
家賃を滞納してしまってかなり危険な所まで来ているときには家賃を分割で納めることができます。
その分割で収めることを許している物件や管理会社を選ぶほうが解くだと思われます。
家賃を滞納しても手持ち現金が8万円ほどあれば何とか一部は納めたことになって許してもらえます。
お金が無いからどうにも出来ないとか手持ち現金が足りないとかを気にしても仕方ありません。
生活費を節約して自分の食費や医療費に充当させるのも1つの方法ですがそこから自分の手持ちで生活しているアルバイトはかなり苦労しそうです。
家賃を自分が一定額は支払える状態にしていく方法で計算と計画を立てて行きます。
ただし、賃貸契約の後に「精神不安定」や「生活保護」という名前を出しては管理会社を困らせる住人がいます。
適切に賃貸マンションを選ぶためには変な人が住んでないかを先に見抜いて安全なルートで生活できる物件を選んでください。
生活には物件の質が重要な要素になってきます。
生活するために必要な部分は「部屋の壁の分厚さ」です。
生活空間を自分の物としてデザインするには騒音やトラブルの原因になりそうな人間を近くに寄せ付けないことです。
それは「物件」の写真だけでは分かりません。
一番気をつけるのは最初の挨拶です。
挨拶が出来ない人は嫌われますけど、挨拶をすることで嫌われることがあります。
仕事を決めてから自分で入居するのもひとつの方法です。

生活空間はちゃんと考えたかな?

生活空間のアセスメント。
賃貸マンションを借りる時に保証人が居ない人はどうすれば良いのですかと聞かれることがあります。
そのときは「保証人協会」を通して行けば何とか保証人になってもらうことができます。
実際には保証人が絶対に必要な物件ばかりではありません。
大家さんに保証人が必要かどうかを事前に尋ねておきます。
事前に大家さんに保証人が必要かを聞きます。
もしも保証人が必要ないと分かったらそのまま安心して過ごせます。
自分が普通に過ごせる賃貸物件が一番安全なものだと思えるようになるために「空間」を観察しましょう。
白い壁紙が張ってあり6畳の広さがあっても本当の6畳ではないかもしれないです。
実際に目で見て確認してから決めましょう。
すぐに安易な決定はやめてなるべく安全なルートで決定します。
自分が対人的に弱いとか一人暮らしに抵抗を感じるなら事前の転居前カウンセリングを受ける方が得です。
賃貸マンションの保証人を保障協会でお願いしても家賃が支払えなかったら「追い出し行為」に直面することになります。
そこから回避する作戦を事前に計画しておきましょう。
一般的な人が住んでいる賃貸がありますが中には態度や考え方の悪い「変質者」が住んでいることもあります。
本当に考え方の歪んだ人間が隣人になると苦労します。
その苦労には言葉に出来ないほどの恐怖が含まれています。
自分から声をかけなくても「金を貸してほしい」と声をかけてくる人もいますから、変な人の住んでいない物件を選びましょう。

賃貸マンション!

賃貸マンションを選ぶときにすべき注意事項(特に危険なハイリスク)。
ワンルームは本当にお勧めしません。
賃貸マンションでもワンルームは態度の悪い物件です。
心底自分の希望通りに進まないような作りになっていて隣の隣人がうるさくてたまりません。
声も丸聞こえで光も駄々漏れですし、入浴のときの水流の音まで聞かれます。
そこで金がないとか仕事がないとかの問題で部屋に引きこもっていたり外へ出ない生活をしている人は本当に危険です。
一人で生活するからには身の回りの安全は自分の責任になります。
苦手な炊事もしなくてはなりませんが出来るだけ自分の身の回りのことが守られる場所をえらびましょう。
隣の人が大きな声を出したり壁を叩いたりすることがあるかもしれません。
壁を叩いて嫌がらせをしてくる隣人は居ます。
声を出して注意を引くような嫌がらせもありますから注意が必要です。
ドアの前にごみを置くとかドアを叩いて逃げるとかのいたずらもあります。
早めに解決できるように気になることは全て不動産業者に尋ねておくようにしましょう。
後になってから後悔しても泣き寝入りが待っているだけです。
出来るだけ早い段階で対処するように「不審な物件」は取り除くようにします。
怪しい物件は写真とはまったく別の場所にあったり名前もあやふやだったりするところです。
特に自分のアルバイト代で生活できると感じているならそこは要注意物件になります。
最初の静かな生活と今の生活では環境が違うように見えるという時期があります。
それだけ実際には写真と違っている風景をみせられて生活しているということかもしれません。
当時の生活計画と今の計画がズレていないかチェックしましょう。

賃貸の注意事項とリスク事項

賃貸マンションで注意すべきリスク事項があります。
建物の中に変な嫌がらせを行う人間が居るかどうかです。
本当に手口が巧妙な人は巧みに嫌がらせのタイミングを狙います。
今後のことを考えると怖くなるような「声」とか「言葉」を連続して与えてくるのです。
壁の向こう側で咳き込む姿があっても信用してはいけません。
特に信用しないようにしましょう。ドアの向こう側で足音が聞こえても聞かずに無視を決め込んでいきましょう。
出来るだけ静かに生活できるようにすることが目的ですから周囲の部屋も静かにしている人たちが居る場所を選ぶのです。
家賃が低いところは大抵が外国人労働者の入居を可能にしていると思われます。
外国の物価でも住みやすい賃料で2.1万円などがあります。
2.1万円でも外国人にとってはけっこうな金額です。
それが日本では安くて簡単な手ごろで安心というのが一般てきです。
その2.1万円が安いからそこに住もうとするのは少し考え物です。
実際には安いからこそ「怪しい人が住んでいる」という疑いをもってもかまいません。
後で見つけても仕方がありません。
最終的にはどうすることも出来ない泣き寝入りです。
何を言ってみても本当に隣人との関係が全てを決めています。
隣人との関係が全てを決めていますから関係が悪くなったらそのまま退去になると思ってください。
それだけ賃貸はリスクのある物件だということになります。
リスクを抱えてまで生活する場所として選ぶかどうかは個人の価値観の違いです。
個人の価値観の違いですから、好きならそれを選ぶのもいいでしょう。

隣人とのトラブルを避けるため

賃貸マンションで置きそうなトラブルと選び方です。
引越しを続けているうちに慣れてくると家具を買わなくなります。
何も買わなくても体ひとつで生活できると考えるのがシングルライフの特徴です。
シングルライフ=独身です。
賃貸マンションを自分で契約していく中でどんな物件が自分にあっているのかを検討します。
騒音によるトラブルは苦痛を超えた苦痛を与えてきます。
隣人による大きな声には恐怖するものがあって怖さは天井の上から突き刺さるような衝撃を加え続けるものがあります。
例えばドラム缶を叩きつけたり2階の窓からごみを投げ捨てるなどです。
防犯カメラを設置してもなかなか対処が難しいもので発見しているのに相手が辞めてくれないなどの問題です。
早い段階に話し合って少しでも解決して消化できるほうが無難ですが法的措置や論争になると「示談」で許しをこうようにしてくると思いますが、私の場合の対処は「示談なら告訴」です。
示談を申し入れても告訴できるように構えを取ります。
物件を選ぶなら後のトラブルや事故や事件が起きた際にも自分の身の安全を守れる計画を立てておきましょう。
これは20歳までの未成年の人には関係ない話で、成人した後の一人暮らしには必要な自己防衛知識かもしれません。
保障はありませんが「賃貸トラブルの無い場所」を選ぶほうが得だという意味になってきます。
すぐにでも通報できるサービスが付いた物件は特にお勧めです。
自分が一人で生活しているのが不安だったり不審な気持ちになりそうなら相談できる相手を事前に用意しておくことが問題時を解決する方法につながります。

セキュリティ面で選びます

賃貸マンションでも注意しないといけないことがあります。
隣の隣人との関係です。
隣人との関係がまともに維持されない人や実際に失敗したり関係が悪くなったりすると嫌がらせの対象になります
騒音や壁を叩いたりわめいたり大声を出したりといろいろです。
物件を選ぶなら変な人が住んでいない場所を選びましょう。
夜間になると隣人の声が聞こえてくるし、騒ぎ声がうるさくてストレスになるとか様々なリスクを秘めているものもあります。
自分が安心できる場所が見つかるまでは苦労するかもしれませんが安全な場所を探しましょう。
例えば隣人が大きな声とガラスを突き破るようなことをしていたりすると大変危険です。
もし、放火事件・殺人事件・立てこもりなどが起きた事故物件ならばすぐに逃げたほうが安全です。
賃貸の選び方の基本には「精神薬」を飲んでいる人がすぐ近くに居ないことが第一条件だという人も中には居るそうです。(ごく一部の例)。
しかし、実際には「アルコール」を飲まない人や「夜遊びをしない人」を例にして選ぶ人も居るそうですが身の安全が守られる場所のほうが絶対に得です。
狭い広いはその後の話になってきます。
狭くても広くても身の安全が守られてこその住居ですから安全が守られなかったら意味がありません。
賃貸物件は実際には目で見ても分からないところが沢山あります。
防犯上のセキュリティやアラームの警備システムをよく確認して私は選ぼうと思います。
ベランダでの大騒ぎや怒鳴り声やわめき声が聞こえないような環境が一番安全です。

賃貸マンションの恐怖

例えばでお話します。(たとえ話であり架空の存在です)。
突然の大きな物音。その正体は「殺す!」と脅す隣人の声。
大きな罵声やトラブルを売りつけようとする隣人の姿があったらどうしますか。
トラブルが大きくても小さくても目で目撃した人は衝撃を受けます。
本当の恐怖と死を予感させるような場面に直面します。
しかし、たいていは当事者の被害妄想です。
攻撃されたり壁を突き破られることはありません。
壁を突き破ることはなくても自宅の玄関前で文句を言い続ける人間も居ますから気をつける必要があります。
賃貸が危険だというわけではありませんが、一度揉め事が起きたら生活に支障が出続ける壁の向こう側から聞こえる声には震えるような「テロリスト」などの語句が含まれていることがありました。
まず、暴力団関係者みたいな人が出入りしている物件が一番怖かったのを覚えています。
私はビデオカメラを通して道路の映像を防犯カメラ映像として捉えたことがありましたが結局は何も起きていませんでした。
大阪市西成区はテレビでも有名な土地です。
賃貸マンションも安くて借りれるそうですがみの安全や防犯の部分を考えたらお勧めしません。
まず、建物が頑丈でセキュリティが完璧でも住んでいる人が「規則」を守れない人だったらすぐ逃げましょう。
賃貸マンションを選ぶ目的には「退室しやすい」と「住み安さ」の2つが柱になってきます。
防犯カメラを個人的に設置するならピンホールインカメラがお勧めです。
(※これは嫌がらせを受けている人が個人的に考えそうな例で賃貸を選ぶ風景を説明しています)

普通の生活と賃貸ライフ

変な人が沢山住んでいる賃貸マンション。
特に2階に住んでいると怖い思いをします。
私が2階に住んでいて1階の部屋の中にいる人に足音やパソコンのキーボードの音が聞こえていると感じると怖くてたまりません。
これは下からの嫌がらせで何もかもがめちゃくちゃにされている時の話です。
とくに若い世代ではフリーターが多くて自宅に居る時間が長いとか外に出ない時間が長いなどの理由から在宅ストレスが強くかかっています。
その憂さ晴らしに嫌がらせで音を発する行為を受けることがあります。
特にアルコールを使って暴れる、人を殴ったりドアを燃やしたりする厚意などです。
一番きけんな行為ですから注意が必要です。
最後は通報システムと警備システムが整備されている空間が安全です。
何より賃貸マンションを選ぶことは「責任範囲」を認めることと同じです。
ただ住むだけではなくて本当に何かあったら自分で責任をとらされるという意味にもなります。
多少の広いとか狭いの違いはあっても自分の責任範囲で住めない物件ならばすぐに手放し足りするほうが安全です。
出来るだけ自分の身の安全が守られる物件を選ぶことを強くお勧めします。
最近のご時勢ですから本当に一人暮らしには期をつけないといけません。
ある意味では賃料が安いので生活には困りませんが本当に気をつけてください。
ここは重要です。
適当なことが出来ないからこそ注意していくのです。
生活していくからには周囲の状況や景色にも気を配って便利の良い立地を選ぶほうがお得です。
アルコールを飲用している人で特に気をつけるのが声をかけられたときです。
賃貸で声をかけられるとかなり厄介です。
そこを上手に交わすためには「ウソ」を行って自分の部屋に逃げてしまうことです。
自宅は保護施設と呼ばれていますからドアを開けられて無理に押し入られることはありません。
仕事をして帰ってきたら一息ついて休める空間がいちあばんありがたいです。
見た目や外見で賃貸を選ぶと大変な目にあいます。

賃貸物件の安全性

宗教活動家の人たちは賃貸マンションをお勧めしません。
今回は普通の学生・会社員に向けたお勧め物件の選び方をご説明します。
莫大な大金をつぎ込んで家賃を払ったり敷金を支払ったのに全然住み心地が悪い例です。
マンションが欠陥だったり家賃が割りに合わないという例もあります。
実際にお金をかけて家賃を払っているとか、高い物件を購入したのにうまく機能しないことなどが上げられます。
それは、詐欺でも特殊知能暴力でもありません。
最初に安全な物件を選べなかった自分の判断力に責任が帰属します。
本当にまともな生活が出来ているかは別とします。
契約上は問題が無いように見えても現実は物理的に建物が傾いているとか何かしら宅地法に触れている場合には不服を申し立てることができます。
家賃を支払って住むのと、ローンを支払って生活するのはどちらがまともなのか。
後者のローンを支払っての生活のほうが最終的には自分の物にできますから得があります。
家賃を支払ってのほうはいつになっても自分の持ち物になりませんから得がありません。
ここに価値観の違いが生まれます。
賃料アップは確かに問題視されるかもしれないですがローンを支払って自分の物にしていく気持ちで支払うほうが最終的には得です。
自分が手に入れられる物件を最後まで自分の物にするために必死になってローンを支払うのは当然ですが隣人や騒音トラブルに注意しましょう。
何をどうしようと自分が住む場所ですからキチンとした形でフィールを立てられるようにします。
家賃を滞納してもある程度は緩和してくれるような不動産屋さんの物件を選ぶほうがとくですが、一括で変えるだけの資産を蓄えるのはどうでしょうか。
無理な生活をしなくて済む安全な物件が一番お勧めです。

1 2





朝の通勤時間に、待ち合わせの時に、カフェなどに、気軽に読んで「なるほど!」と思って頂けるようなお役立ち情報をまとめております。
http://kobayan.org/

このまとめに参加する