Mitsubishi Motors Corp's President Tetsuro Aikawa (C) bows deeply with other company executives during a news conference to brief about issues of misconduct in fuel economy tests at the Land, Infrastructure, Transport and Tourism Ministry in Tokyo, Japan, April 20, 2016. REUTERS/Toru Hanai (Japan) by 写真:ロイター/アフロ

2016年4月20日 記者会見の様子

燃費試験のデータを改ざん。中央値ではなく,タイヤの抵抗や空気抵抗の数値を有利なものを選んでいた。また,国内法規で定められていたものとは違う試験方法がとられていたが,そのデータを国土交通省に届け,公表していた。

公表していた値はeKワゴンもデイズも,トップレベルの1ℓあたり29.2Km。

三菱自動車は,7%程度のデータのかい離を確認しており,5~10%くらいと述べて,明言を避けた。

※5月11日,5~15%程度と修正。

この情報が含まれているまとめはこちら

不正 くりかえす 三菱自動車 5つの疑問

2016年4月20日,三菱自動車は軽4車種について,燃費に関わるデータの意図的改ざんがあったことを発表。追加報道を受けて更新しています。#三菱自 #軽自動車 #不正 #データ改ざん #走行データ #立入検査 #引責辞任

このまとめを見る