インターネットの普及・発展に伴い、人々はいとも簡単に多様な情報にアクセスすることができるようになった。その一つの結果として、消費者の時間の使い方・お金の使い方が多様化している。消費者のセグメントは細分化される一方で、年齢・性別というデモグラフィックだけでは区分・整理できないような状況にある。

出典いま話題のインフルエンサー・マーケティングとは? 定義と事例 | RIPPLY

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

個人の影響力に期待!インスタを含むソーシャルメディア上のインフルエンサーをPRに活用する企業が増加中

個人メディアの影響力に期待!ツイッター(Twitter)・フェースブック(Facebook)・インスタグラム(Instagram)・バイン(Vine)・ユーチューブ(Youtube)を含む各ソーシャルメディア上で活躍中のインフルエンサーをPRに活用する企業が増加中。

このまとめを見る