ソーシャルタレントと企業に、それぞれ専用の管理画面を用意し、双方向でのコミュニケーションを可能にし、企業側はソーシャルタレントに提供したい情報を、ソーシャルタレント側は趣味嗜好や興味関心内容を、専用の管理画面から入力することで、互いに情報のマッチングが可能となる。

出典オプトなど3社、SNSインフルエンサー1万2,000人によるマッチングサービス | マイナビニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

個人の影響力に期待!インスタを含むソーシャルメディア上のインフルエンサーをPRに活用する企業が増加中

個人メディアの影響力に期待!ツイッター(Twitter)・フェースブック(Facebook)・インスタグラム(Instagram)・バイン(Vine)・ユーチューブ(Youtube)を含む各ソーシャルメディア上で活躍中のインフルエンサーをPRに活用する企業が増加中。

このまとめを見る