1. まとめトップ

氷室京介の伝説の始まりBOØWYとは!?氷室京介の LAST GIGS ついに初日を迎える、、、。

1981年、群馬県高崎市出身の氷室京介、布袋寅泰、松井恒松を中心に結成される。初ライブ後に高橋まことが加入し、1982年にデビュー。当初は6人編成だったが同年秋に2人が脱退し、以降は解散まで4人編成で活動する。

更新日: 2016年05月27日

4 お気に入り 13582 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

氷室京介「LAST GIGS」終演、トリプルアンコール35曲「B・BLUE」で締め括り

これが最後だとは思えないほどの圧巻のパフォーマンス、そして凄まじい観客のパワーだった。

最後の姿を脳裏に焼き付けるように大歓声を送る。

一方、氷室の音楽やパフォーマンスに敬意を示すように、バラード曲では手拍子や体を揺らす程度でじっくりと聴き、アッパーな曲はとてつもないエネルギーで楽しむ。

そのサウンドで映える氷室京介の歌声には魂が込められ、力強くも繊細で圧巻だった。

最後の姿を脳裏に焼き付けるように大歓声を送る。

一方、氷室の音楽やパフォーマンスに敬意を示すように、バラード曲では手拍子や体を揺らす程度でじっくりと聴き、アッパーな曲はとてつもないエネルギーで楽しむ。

そのサウンドで映える氷室京介の歌声には魂が込められ、力強くも繊細で圧巻だった。

「東京ドームが好きで、節目に使っているけど、今日のドームが最高だね」。

そう氷室が語ったようにこの日は、これまでの公演とは比に類を見ないほどのボルテージだった。

大合唱、大歓声、大拍手。5万5000人が一斉に起こすそれらの行動は凄まじいほどの熱気を帯びた。

終わりの始まり。氷室京介の LAST GIGS ついに東京ドーム初日を迎える、、、。

氷室京介 LAST GIGS 東京ドーム初日終演。今日はかなり長かった。今ツアー最長ではなかろうか。今ツアーでは初演奏の曲もあった。終盤の氷室のMC、表情等はかなり胸に来るモノがあった。

氷室京介
布袋寅泰
松井常松
高橋まこと

たったの6年

でも普通の人の何百倍も濃い6年
『まだまだ伝説になんかならねーぞ』と貴方は言いました。

だからこそ最後の1曲だけでもいいです

4人で『BOOWY』を本物の伝説にしてください・・

東京ドームでのソロでのコンサート回数1位は氷室京介!

ついに最終日!この姿は見ることは、、、、、。

俺たちは氷室京介を卒業できない!!!

氷室京介が23日、京セラドーム大阪で、4大ドームツアー『KYOSUKE HIMURO LAST GIGS』をスタートさせた。

同ツアーをもってライブ活動を休止する氷室は、この日を皮切りに、名古屋、福岡、そして東京と全7公演をおこなう。

初日の大阪では、ファイナルコンサートの幕開けならではのソロ、 そしてBOΦWY時代の楽曲を織り交ぜた豪華セットリストで3万6000人超の観客を魅了した。

ボウイ時代の氷室京介の伝説の言葉となったライブハウス武道館へようこそ!

から、30年後。

ライブハウスナゴヤドームにようこそ!(^_−)−☆

隣のイオンでもヒムロック!

ザラついた心をどうすればいい!

今日のナゴヤドームの革ジャン率と黒の服装率は日本一だろう!(^_−)−☆

セトリを大阪とは変えてきて、ラストのNO.NEWYORKは?

みたいな感じで、終わった後もファンはアンコールの握手を連呼していたが、氷室さんとボウイの曲を合唱できて、最高だった!

ANGELでアンコールのはずか、いきなりSUMMER GAMEとかヤバかった!(笑)

アンコールは2回!初めてあんな上からウェーブを見たけど綺麗だった。

ボウイ解散時は5歳。中1(既にVIRGIN BEATの後。VIRGIN BEATが流れた時もテンションアップ!スタンドマイクで歌ってくれ!みたいな。(笑))の時に先輩からボウイを聞かせれファンになり、過去に遡り氷室さんやボウイを調べまくり、聞きまくる!

BOØWYとは!?

その音楽性、「誰にも似ない」「何処にも属さない」というバンドスタイル、メディアをほとんど利用しない強気な姿勢、斬新なビジュアル、絶頂期での解散、後に起こるバンドブームの火付け役となり全国に数多くのロックキッズを産むなど、BOØWYが及ぼした影響は絶大である。

80年代当時での日本音楽シーンではまだロックバンドが浸透していなく、アイドル、ニューミュージックグループが主流であった。

髪を逆立てたり、斬新な衣装でのパフォーマンスなども彼らが後のバンドブームへの道を切り開いたと言っても良いだろう。

1986年に発売した「BEAT EMOTION」ではチャート初登場1位を獲得、本作で商業面での成功をも手にし「トップに立ったら解散する」というバンド結成当初の目的を果たしたBOØWY。

人気絶頂の最中にあった1987年12月24日に解散を宣言。この突然の出来事は大きな衝撃を与えた。翌年1988年4月4日、5日に東京ドームで行った「LAST GIGS」にてバンド活動に終止符を打つ。

このライブのチケットは僅か10分で完売、文京区の電話回線がパンクするという事態も起こりこれら一連の流れからBOØWYの人気は社会現象にまで発展した。

BOOWYのメンバーとは!?

1982年、氷室狂介の名前で、ロックバンド・BOØWYのヴォーカリストとして、アルバム『MORAL』でデビュー。

1987年12月24日、およそ6年の活動期間を以てBOØWYは解散する。

1988年、シングル『ANGEL』でソロデビュー。同年オリコン年間順位8位となった。

1994年、ロサンゼルスに創作拠点を置く。

ロサンゼルスという環境を生かして、外国人エンジニア、アーティスト、ミュージシャン等に自らオファーをし、自らをプロデュースするという形をとっている。

1981年、BOØWYのギタリストとしてデビュー。

BOØWY解散後はソロ活動の他、吉川晃司とのユニット・COMPLEX、他ミュージシャンへの楽曲提供など幅広く活動している。

またレコーディングではギターだけでなく、ベース、ドラムス、キーボードなども演奏する。

また、海外では『HOTEI』名義で、イギリス、ドイツなど欧州でアルバムをリリースしている。

イギリスのロックバンド、ジーザス・ジョーンズと親交があり、ジョイントツアーも行った。近年は映画やCMへの出演など、俳優としての活動も行っている。

1 2 3