1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ノロウイルスにアルコール消毒は効果なし。

ノロウイルスにアルコール消毒の効果はありません。

理由:エンヴェロープを持たないから

アルコールでノロウイルスを消毒できると思っていた人は「ノロウイルスはエンベロープを持っていないからアルコールでは消毒できない」とこれからは覚えましょう

エンヴェロープはウイルスの周りを覆っているものです。
ウイルスのほとんどはエンヴェロープをもつため、ここにアルコールが作用します。

他にもエンヴェロープを持たないウイルスにはアルコール消毒は効果がない

ノロウイルス以外のエンベロープを持たないウイルスで有名なのはノロウイルスと同じく感染性胃腸炎の原因であるロタウイルス、風邪症候群の原因であるアデノウイルスなど

消毒には次亜塩素酸を使うと効果あり!!

ノロウイルスの予防に最も効果があるのは、食品の十分な加熱と手洗い、次亜塩素酸ナトリウムを用いた消毒です。

次亜塩素酸ナトリウムを用いたノロウイルス消毒は、加熱できない食材(生野菜など)や設備や機械さらに私たちの体など様々です。

一般的なノロウイルスの消毒は、次亜塩素酸ナトリウムの濃度を100ppm~200ppm程度で行います

どうやって次亜塩素酸を手に入れるの?

次亜塩素酸ナトリウムは、塩素系漂白剤としてスーパーやドラッグストアーで販売されており簡単に購入することが出来ます。

要は、塩素消毒のことです!

次亜塩素酸は、ノロウイルス以外にインフルエンザや病原性大腸菌o157などを消毒するのにも有効です

ただし、手指の消毒には使用しないこと!

ノロウイルスを消毒する為には、次亜塩素酸ナトリウムを使用しますが、手指の消毒に使用することはおすすめできません

。次亜塩素ナトリウムは、刺激が強く多く使用すると手荒れの原因になります。手荒れが原因で黄色ブドウ球菌が繁殖し食中毒のリスクが高くなります。

手洗いうがいを徹底しましょう!

ノロウイルス感染の原因は、接触感染によるものが多く手指を清潔にすることが感染予防の観点から重要だと言えます。

ノロウイルス100個以下に接触しても症状がでてしまう…強い感染力

最短で1日(24時間ほど)の潜伏期間で、増加するという恐ろしさ

出典http://ノロウイルス潜伏期間.com

増殖スピードが速く、感染時は100個以下だったのが、約1日の潜伏期間をすぎてその症状が現れる頃には、吐しゃ物の中に約1万~10万個/g、便の中には約10億個/gもの量に増えているのです。

出典http://ノロウイルス潜伏期間.com

遺伝子変異が早く、年に一度新型が…

さらに困ったことに、ノロウイルスには多数の遺伝子型が存在するため、一度感染して完治したから大丈夫とは言えません。

出典http://ノロウイルス潜伏期間.com

アルコール消毒も少しは効果があるらしい

最近になってマウスのノロウイルスを用いた実験結果では、 アルコールもある程度. 有効であることがわかり ました

出典www.doyaku.or.jp/guidance/data/H26-1.pdf

1 2