1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

罰当たり!フランスでヘラクレス像の"アソコ"が持ち去られる

フランスのとある町にあるヘラクレス像の大切な部分が何者かによって何度も持ち去られるという珍事が発生しました。

更新日: 2016年04月24日

33 お気に入り 87516 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■フランスでヘラクレス像の"アソコ"が何者かに持ち去られる

フランスの地方都市で、ヘラクレス像のアソコが何者かに持ち去られる珍騒動が起きた

フランス・アルカション市の「モレスク」公園にあるヘラクレス像から、アソコの部分だけが切り取られるという事件が起こった

■その後、失われた"アソコ"はフリーマーケットで発見される

■無事に"アソコ"は主人の元へと戻って行ったが…

モノは元の場所に戻ったが、その後、取れやすくなったソレを誰かが持って行くという事件が多発

■ついに"アソコ"は脱着可能となった

盗難を防ぐために、アソコにネジを埋め込んで取り外しができるように改造

現在のヘラクレス像の股間には、鉄のボルトが突き出した状態になっているそうです

■類似した事件は日本でも度々発生している

波平の毛が盗難被害に

桜新町の商店街に設置された波平さんの像の毛が2度にわたって引き抜かれ盗まれた

ペンチでも切れないステンレス製の高硬度ワイヤを使っており、頭頂部の穴に差し込んで接着剤で固定されてあった

銅像は、駅前通りの歩道上に仲良く立っており、並んで記念写真を撮る人が絶えない。家族のように近づきやすい存在だが、それを逆手に取ってイタズラする人がいたらしい

組合はいたずらされないよう穴をばんそうこうでふさいだが、今度はばんそうこうをはがしてビニールや針金を差し込まれる「植毛」の被害が三件続いた

同商店街は再犯防止のため、最新鋭の監視カメラを導入すると発表し、マスコミを集めて「植毛式」なる復旧作業も行った

桜新町商店街振興組合は「波平さんにとっては大切な毛。過ちを繰り返さず、そっとしておいて」と呼び掛けている

両さんのマラカスが何者かに持ち去られる

1 2