1. まとめトップ
  2. 雑学

もしものために…見直しておきたい災害への備え

地震や水害、雪害など、何かと災害の多い日本。こうした災害は何の前触れもなく突然やってきます。万が一の際に、慌てないために日頃からもしもの時への備えを万全にしておきましょう。

更新日: 2016年04月26日

ppp_comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
206 お気に入り 47159 view
お気に入り追加

■日本では毎年、各地で様々な災害が発生しています

日本は、外国に比べて台風、大雨、大雪、洪水、土砂災害、地震、津波、火山噴火などの自然災害が発生しやすい国土です

いまだかつてないほど、自然災害がわたしたちの生活に身近なものになりました

■こうした災害は、ある日突然やってきます

台風や大雨のようにある程度予測ができる災害もありますが、多くの災害は突然やってきます

■非常時の備え、出来ていますか?

電気やガス、水道などのライフラインが止まった場合に備えて、普段から飲料水や非常食などを備蓄しておきましょう

賞味期限1年程度の食べ物を多めに用意して、賞味期限が切れる前に食べ、食べた分だけ新しいものを買う、というローテーション方法が良いでしょう

懐中電灯、携帯用ラジオ(乾電池)、救急薬品、衣類、非常用食品、携帯ボンベ式コンロ、貴重品など

必要なもの(非常用持ち出し品)をリュックサックに詰めておき、いつでもすぐに持ち出せるように備えておきましょう

急いで避難しなければいけない災害時に、あまり多くのものを持ち出す余裕はありません

いざというときあわてないために、日頃から避難する場所や安全な道順を確認しておきましょう

平常時から正しい知識を身につけることで災害時に冷静に行動できるようにしましょう

災害への備えの大前提は、災害時の準備や対策、行動を家族の共通認識として持っておくこと

連絡方法をあらかじめ家族で決めておき、災害用伝言ダイヤルや携帯電話の災害用伝言板などの操作手順を確認しておくことが大切です

火災保険は、火災をはじめ、落雷、破裂、爆発、風災、ひょう災、雪災などを補償対象とする保険です

保険の名称に「火災」と書いてあるため「火災」に関する限定的な保証だと思ってしまっている方も多い

1 2





(´・ω・`)気になった事をまとめていきます
(´・ω・`)よろしくおねがいします

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう