1. まとめトップ

【猫の病気】猫風邪は非常に危険!!知らなきゃダメ!症状や対策。

これから野良猫を家族に迎えようと思っている方や、既に一緒に生活をされている方にご覧いただきたく思っております。

更新日: 2019年11月06日

2 お気に入り 118720 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

*はじめに・・・

ある時、2匹の野良猫を引き取りました。 1匹は引き取った当初から体調が悪い様子でした。 引き取り後、10日を経て1匹の白黒の猫ちゃんは他界しました。(原因は猫風邪からの体力の低下だと思われる) 飼い主の知識不足、猫の病気への認識不足からこのような不幸な結果となってしまいました。 皆様にはこちらをご覧になっていただいた機会に、猫に対する知識を深めていただき、少しでも愛猫ちゃんの、飼い主の方の温かい幸せを長く続けていって頂きたく思います。

◆猫も風邪をひく!

@takupon0511 今日は、仕方ないから 優しくしてやんよ(*- -*)❣️ 猫も風邪を引くとは、、、 季節の変わり目だから、喘息も出るのね( ´•̥̥̥ω•̥̥̥` )

・どんな症状?

・鼻炎によりくしゃみを頻発したり、粘液や膿性の鼻汁がでます。ひどい場合は鼻閉で開口呼吸をするようになります。

・咳(わかりにくいかも知れませんが、しゃっくりするような感じです)や声がれ、声が出なくなることがあります。ノドの症状が強い場合は、食事が飲み込みにくくなることがあります。

体全体が熱くてぐったりしている場合は、明らかに発熱しています。通常はひんやりしている耳やしっぽの先を触ると、熱があるかどうかが確認できます。

・結膜炎により眼瞼(まぶた)がはれぼったくなったり、涙、目やにが大量に出ます。目の不快感が強いと、目をこすって角膜を傷つけることがあります。

・発熱します(普通の猫は38度台が平熱ですが、39度以上、時には40度前後の熱が出ます)。発熱により元気、食欲の消失、脱水症状が起きやすくなります。

普通は暖かい場所を好む子猫が、涼しい場所や冷たい床などに寝たがる場合も、発熱が疑われます。

子猫に発熱があると、鼻水やくしゃみのほか、目やに、ヨダレ、涙、下痢といったさまざまな症状が現れます。また、食欲もなく、うずくまってじっとしていることが多いです。

@matunoitimatu__ あっ! ちゃんと暖かくして寝ること! それと、起きたら言ってね? 風邪治らないと猫ちゃんにも移るからね~?

・猫風邪の原因は?

猫風邪(猫カリシウイルス感染症・猫クラミジア)は眼・呼吸器・口に炎症が起きて、放置すると失明・鼻涙管閉塞の後遺症が残って最悪死に至ります(口内炎や鼻詰まりで食事が摂れなくなるため)。 短期集中インターフェロン注射と抗ウイルス剤服用で寛解しますが、予防接種は大切。

猫の風邪も一つの病原体でなく、ウイルス、細菌、クラミジア、マイコプラズマなど色々な病原体の複合感染によって起こることが多いです。

特に症状を悪化させる2種類のウイルス(ヘルペスウイルス、カリシウイルス)については、ワクチンがあり(3種混合ワクチンに入っている)その症状を予防または軽減することが出来ますが

いろんな病原体の複合感染ゆえ、完全に風邪から身を守ることは結構難しかったりします。

猫風邪は飛沫感染するので、野良猫が集団でいる場合はほとんどが猫風邪になっているといえます。

猫ヘルペスウイルス感染症

感染したウイルスは鼻腔粘膜上皮で増殖後、結膜、咽頭、気管、気管支、細気管支に広がり発症する。

結果として粘膜表面の糜爛、潰瘍がおこり、結膜炎や鼻炎を発症する。

結膜炎と流涙および鼻汁の排出

カリシウイルス感染症

1 2