1. まとめトップ

まず、光コラボ―レーションってなに?

NTT東日本よりフレッツ光などの提供を受けた事業者様が、自社サービスと光アクセスサービス等を組み合わせて、
サービスをご提供するモデルを、「光コラボレーションモデル」といいます

まず、注意するべき点は、一度光コラボレーションを利用開始したらフレッツ光にはもどせない。

光コラボレーションを契約を解除して、フレッツ光を新規より再契約することになる。
契約していた光コラボレーションからは違約金を請求されるだけでなく、新規工事費なども発生する可能性のあります。

光コラボで使う設備はフレッツ光と変わらない

光コラボレーションの話の始まりは、これまで「NTT(フレッツ光) → お客様」と提供していたインターネット回線を、「NTT(フレッツ光) → 事業者 → お客様」という流れで提供しよう、というお話です。

これまで:NTT(フレッツ光) → お客様
光コラボ:NTT → 事業者 → お客様

すなわちNTTが直接お客様に回線を販売するのではなく、NTTからOCNやU-NEXT、So-netなどの事業者(光コラボレーション事業者)に回線を卸売りして、それらの事業者が独自にお客様に回線を販売していく、ということです。

だから機械変わって、ネットの環境がよくなるとか云々の話はありえない。

こちらの会社のサービスに変えたら、基本料金はそのままで値段は早くなるとかはおかしい。
会社が使う機械を新しくしたので早くなりますという言葉も使ったりします。

NTTが卸売りをするけど、事業者はNTTの会社ではない。

電話やその事業者が作っているサイトには、NTTの小会社や関連会社と認識させるための細工がちらほら。 NTTのマークを載せてみたり、関連会社というアバウトな言葉を使って大手のNTTが関わっていると認識させようとします。

買う側のメリットは?

オリジナルのサービスを付帯して販売できるので、
携帯会社が光コラボで携帯の料金とセットにして少し割引をしたりするプランもあります。
が、これは一部です。携帯の使用状況によっていはぜんぜん安くならない時もあります。

、電話勧誘や訪問販売での光回線の勧誘は
「絶対に失敗する買い物(契約)だから止めておくようにしてください。」
と、声を大にしてお伝えしたい。

売る側のメリットは?

サービスを実際に提供しているのはNTTです。NTTと契約者の間に入ってきたのがこの事業者です。仲介みたいな形となっていますが、利用者が得もしないサービスを付属するからと言って契約させて、新規工事費はかからないのに、かかったといって請求したり、3年や2年縛りの契約を結ばせて、途中解約をしたら高値の違約金を得ることができます。

「業者がお得と言っているのは、販売代理店にとってのお得であって、実際に契約する貴方のお得ではありません。」
これは間違いないです。

電話での光コラボの案内ですときたらどうする?

電話は即録音しましょう。電話をかけてきたひとの名前をフルネームで漢字まで聞いてメモしておきましょう。悪徳業者は名前を名乗り語りません。苗字だけですまそうとします。
そして、電話での話ではなく、文面で案内しろと言って切りましょう。

電話を受けてしまって、遠隔操作や電話での誘導で転用番号も教えてしまったら?

電話でサイトを誘導させて、NTTのサイトより転用番号を入手するように言ってきたので、そのまま成されるまま入手して相手に教えてしまったら?
転用番号を相手に知らせたら光コラボレーションの変更手続きが相手が進めることができてしまします。 すぐにNTTに電話をして、転用番号の無効をしてもらうようにしましょう。

手口1

電話営業・電話勧誘の手口
彼らの営業は、電話で行われます。
1.固定電話に、非通知or0120でかけてくる
2.会社名を名乗らず、
 「光プロバイダサポート」
 「インターネットサポート」
 「NTTネット回線のサポート」を名乗る
3.NTTの光回線が高速化した事を知らせる
4.今よりも安くなると言う話をする
5.責任者・技術担当から改めて電話をすると言う
~~~~↑↑ここまでが最初に電話をかけた人間(バイト??)が話す↑↑~~~~

~~~~↓↓以下は別担当(社員??)が話す~~~~
A.プロバイダ契約に関しての
 注意事項やプラン案内をする
     ---------------------(最終防衛ライン)--------------
B.遠隔操作で設定をする
 (TeamViewerと言うソフトをインストールさせる事が多い)


これだけでプロバイダを変えた事になってしまうんです。
良く分からないからと相手に任せると、請求書が届いて初めてプロバイダが変わった事や、有料オプションに加入した事に気付くのです。

手口2

【詐欺】NTTを騙ったソフトバンク光の入れ替え工事【証拠は残さない】
詐欺1. 最初に本当の名前を 名乗らない

『Flet's光です。この度、NTT法の改正によって、NTTとソフトバンクで、回線品質を改善してお値段を安く提供できるようになったため、その機材の変更手続きをしたいと思います』

詐欺2. 無意味な機材接続で高速化を謳う

業者『ルーターを送りますので、お客様の根っこの機械に、それを接続してください』
私『え、うちのVDSL 100Mbps しか出ないんで、交換しないと意味ないと思うんですけど』
業者『いいえ、うちの機械は根元のルーターで制限がかかってるデータを広げるための機能があるので 1000Mbs まで出せるようになるんです』

話が適当すぎる。専門的な話をして相手をうまくだましています。無駄な機械を取り付けさせて使用料を取るためです。

撃退方法

一、電話での営業など相手にしない
  (「必要ありません」とだけ言って着れば良いです)
一、必ず家族に決裁者を決めて
  他の家族は対応しない
  (高齢のご両親・お子様なども併せてしっかり決めておく)
一、即時に契約をしない
  (必ずgoogleで検索したり、当ブログに相談をする)
一、非通知発信の受信拒否や
  ナンバーディスプレイ機能を利用する
  (身に覚えの無い電話には出ない事も有効な対策です)

え?もしも本当にNTTからの重要な連絡だったら??
あなたがNTTと契約をしているならば、重要事項は必ず書面で郵送をしてきます。
普通の会社は、重要な連絡をいきなりの電話(しかも相手を確認しない)で行いません。

相談激増!遠隔操作によるプロバイダ変更勧誘トラブルにご注意

全国の消費生活センターには、「大手電話会社の関連事業者と思い、プロバイダ契約の内容(料金コース等)変更の手続きを遠隔操作でしてもらったが、無関係の事業者で、プロバイダ自体が変更されているとわかった。解約を申し出たら、違約金を請求された」など、遠隔操作によるプロバイダ変更勧誘トラブルに関する相談が多数寄せられています。国民生活センターでは、昨年6月に本トラブルについて消費者への注意喚起を行いました。しかし、その後も相談が増え続けていることから、トラブルの実態および問題点を分析し、改めて消費者に注意を呼びかけるとともに、関係機関に要望および情報提供を行います。

転用番号も教えてしまって契約も電話で完了してしまったら?

1 2